キャリア指数

キャリア指数の月別データを公開しました

今回は、キャリア指数の月別に絞った成績を分析したいと思います。

キャリア指数について詳しく知らない方は、先に以下のページをご覧ください。

5年連続で回収率100%を超えるキャリア指数の実力キャリア指数は、競走馬がこれまで稼いだ獲得賞金と着度数を用いて能力を導き出す稼動指数をアレンジした指数です。 稼動指数は元々、2009...

2019 年の中央競馬(JRA)の開催も終了し、2018 年に新しくスタートしたキャリア指数の成績は以下の通りでした。

レース数 的中数 的中率 回収率
2018年 809R 168R 20.8% 127.5%
2019年 798R 176R 22.1% 100.4%

これだけ多くのレースを対象として回収率 100% 以上を維持できたのは、素直に喜んでいいところ。

また複利馬券でこれを運用していれば、さらに大きな利益になった可能性があります。

2018年の成績

年間の単勝回収率は 100% を超えているものの、毎月プラス収支にできているわけではないので月別の成績を見ていきたいと思います。

毎月プラス収支であればウキウキした 1 年間となりますが、さすがに月単位でプラス回収率は難しいですね。

そんなものは、レジまぐの優秀なメルマガくらいですよね。

どうしても競馬で儲けたい!!プラス回収率のキャリア指数メルマガ2019 年までに 5 年連続で回収率 100% を達成しているキャリア指数ですが、2019 年から本格的に「レジまぐ」で指数上位馬の配...

では、以下の項目に注目して月別の成績を見ていきます。

苦手な時期があるのか

安定感があるのか

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1月 17.5% 42.1% 107% 93%
2月 23.8% 57.1% 315% 150%
3月 13.3% 40.0% 55% 60%
4月 14.9% 41.8% 91% 78%
5月 18.6% 49.2% 280% 153%
6月 20.3% 51.4% 69% 89%
7月 17.4% 38.4% 57% 74%
8月 23.4% 44.2% 94% 63%
9月 23.4% 45.3% 83% 74%
10月 28.4% 55.4% 178% 106%
11月 16.9% 49.2% 83% 94%
12月 30.2% 44.4% 155% 90%

回収率 100% を超えたのは以下の 5 つの月になります。

1月
2月
5月
10月
12月

特に夏競馬の時期は調子が悪かったようですね・・・。

残念ながら、毎月プラス収支の馬券術とはならないことが判明したわけですが、これでも年間ではプラス収支なので、どのスパンでプラス回収を狙うかを考えておく必要はあります。

1 ヶ月だけチャレンジしてマイナスだったから使えない馬券術と決めてしまうのはナンセンスですし、他の馬券術を試しても同じことが繰り返されてしまいます。

これについては、ページの最後で紹介する「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」の【PAT口座が毎月増え続ける理論】を読んでもらえれば理解できると思います。

2019年の成績

2018 年は特に夏競馬が不安定でしたが、降級制度がなくなった 2019 年の傾向はどうなったでしょうか。

ご覧の通り、予想に反して夏競馬は毎月のように回収率 100% 越えを達成しました。

項目 勝率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1月 15.7% 49.0% 182% 103%
2月 16.7% 42.4% 53% 146%
3月 19.4% 47.8% 112% 92%
4月 25.4% 39.0% 148% 111%
5月 29.3% 55.2% 101% 106%
6月 23.8% 48.8% 89% 73%
7月 30.3% 48.7% 120% 85%
8月 20.0% 43.5% 108% 78%
9月 28.3% 50.0% 114% 71%
10月 17.1% 48.6% 64% 71%
11月 20.8% 44.4% 70% 72%
12月 16.7% 46.3% 58% 76%

降級制度がキャリア指数にプラスに働いたと思ったのですが、10 月以降は大きく失速してしまい、2020 年に向けて嫌な流れとなっています。

問題は回収率が追い付いていないのではなく、的中率も合わせて下がってしまったことにあり、大きく回収率アップに貢献するオッズのフィルタなどを検討しなければいけないフェーズにきたようです。

指数の算出方法を変更することも検討してみましたが、年間で回収率 100% を超えているのでリスクを取ることは避けようと思います。

まとめ

2018 年と 2019 年のキャリア指数の傾向を見てみました。

2 年間ではありますが、そこそこの母数になりますので傾向としては信頼できそうです。

年間ではプラス回収率でも、月間で見ると安定感のなさが露呈しました。

夏競馬だったり冬競馬だったりと、それぞれの年の傾向は今年も見守っていく必要がありそうですが、全体的には以下の馬券種と相性がいいことは確認済みです。

馬券種

単勝
馬単
3連単

2020 年は人気過ぎる指数 1 位の馬(例えば、単勝オッズ5倍未満)を除外して挑戦していきたいと思います。

月単位で回収率100%

レジまぐには数ヶ月連続で回収率 100% を超える人気メルマガがいくつもあります。

どうしても馬券で儲けたい、当たらない週末が嫌だという方は必見。まずは自分の興味のある理論で予想展開されているメルマガを探してみてください。

※レジまぐは初月無料も多く収支が明確に公開されています

最も回収率の高い競馬予想メルマガは?

的中率を元に資金を的確に分割して買い続けるという資金管理方法。競馬で熱くなって負けてしまう人や、最終レースで取り返そうと大きく突っ込むなど予算管理が苦手な人にピッタリの理論です。

馬券資金管理バイブル

PAT口座が毎月増え続ける理論

理論的な予想は連敗が続いた時の精神的ショックが強いですよね。じゃあ、的中率の高い馬に対してオッズで資金分配すればいいんじゃない?という、土日に競馬に向き合える人ならコツコツとプラス収支が実現できる法則があります。レースの締め切り前に「馬法の方程式」「メビウスの方程式」に当てハメて投票するだけの簡単モデルがオススメです。

このタイプは前日買い派の人には不向きですが、リアルタイムに馬券を購入できる人には毎月プラス回収率が期待できるチャンス。購入した当日の次のレースからすぐに始められる、確率とオッズを使った理論派の馬券投資です。

的中率70%の単勝5点買いの威力

究極競馬投資で年利250%

リスクを抑えたコツコツ投資競馬!!
詳細はコチラ
リスクを抑えたコツコツ投資競馬!!
詳細はコチラ