知識

1番人気の馬が力を発揮しやすいコースを見つける方法

人気馬がキッチリと力を発揮できるコースってどうやって判断してますか?

「マークがキツくて直線で外へ出せなかった」

「小回りコースでずっと大外を走らされて脚が持たなかった」

馬は実力があるのに展開やポジションに恵まれないケースってありますよね。

もちろん調子がいまいちだったとか、ジョッキーが実力を過信して強気に攻めた結果、思ったよりも馬に脚が溜まらなかったとか原因をあげたらキリがありません。

ただ、強い馬がスムーズな競馬ができるのかどうかって判断が難しいですよね。

広いコースだと実力が発揮しやすいとか、あなたもいくつかのイメージが思い浮かんでいると思います。

そこで今回は、そのレースの人気順位の上位馬について平均的な成績を調べていきます。

別途、1 番人気馬の勝率が高い順にコースを並べたデータも作成してみましたので、こちらも参考にしてください。

各コースの人気順の成績

以下で、各コースの人気順位による「勝利」「連対率」「複勝率」などを紹介しています。

ただ数字を見るだけでは、該当コースにおいて、どこまでその成績を重視すればいいのか判断が難しいところがあります。

人気順はそのまま結果にあらわれますが、拐取率を考えるとそれだけで競馬に勝てるわけではありません。

でも、どうせ人気馬を軸にするなら少しでも馬券に絡む確率が高いコースで勝負したいですよね。

よって全コースの成績から、平均的な人気順位による成績を算出してみます。
(芝とダートは別で扱います)

芝コース

以下は 2016 年から 2019 年の 4 年間における、芝コースの人気順位別データになります。

項目 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率 データ数
1番人気 33.5% 52.0% 64.6% 80% 83% 6694
2番人気 18.9% 37.5% 51.5% 78% 81% 6694
3番人気 13.8% 29.1% 42.9% 82% 82% 6694
4番人気 9.0% 21.0% 33.1% 74% 76% 6694
5番人気 7.0% 15.7% 26.5% 78% 76% 6694
6番人気 5.4% 12.7% 21.7% 86% 77% 6684
7番人気 3.6% 9.2% 16.4% 74% 75% 6645
8番人気 2.7% 7.0% 12.8% 74% 76% 6538
9番人気 2.3% 5.4% 10.3% 81% 74% 6264
10番人気 1.6% 4.4% 7.7% 65% 68% 5875

1 番人気馬の勝率は「33.5%」、複勝率は「64.6%」と、毎年見かける成績とほぼ同じですね。

ただ、1 番人気でこの数字なのかっと、絶対的な信頼感までは感じられないと思いませんか?

1 番人気が勝つのは 3 回に 1 回、馬券に絡むのは 3 回に 2 回

ただ、コース別に見れば 1 番人気の勝率や複勝率はもっとアップします。

ダートコース

以下は 2016 年から 2019 年の 4 年間における、ダートコースの人気順位別データになります。

項目 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率 データ数
1番人気 31.9% 51.0% 64.5% 75% 83% 6614
2番人気 19.2% 37.1% 50.7% 82% 83% 6614
3番人気 12.7% 26.9% 40.7% 78% 80% 6615
4番人気 9.8% 20.6% 32.2% 81% 77% 6614
5番人気 7.1% 16.2% 26.4% 78% 78% 6615
6番人気 5.5% 12.8% 21.3% 82% 78% 6612
7番人気 4.1% 10.2% 16.7% 83% 77% 6613
8番人気 2.5% 7.3% 13.4% 62% 78% 6601
9番人気 2.2% 5.3% 9.7% 73% 71% 6539
10番人気 1.8% 4.4% 8.0% 89% 75% 6423

ダートコースの方がもっと人気馬の成績がいいのかと思っていましたが、その想像は間違いでした。

といっても、そこまで大きな開きがあるわけではありません。2 位以下はほぼ拮抗していますし。

ダートだと芝に比べると内に包まれたら絶望的な感じもするので、枠順でもう少し細かくみたら変わってきそうですね。

まとめ

芝コースとダートコースの「人気順位」による成績を算出しました。

よって、これらの成績と各コースにおける「人気順位」の成績を比較すれば以下の判断ができるようになります。

ポイント

・そのコースで人気馬を信頼する
・そのコースで人気馬を信頼しない

また、1 番人気の馬については過去に以下の検証を行っていますので、こちらも参考にしてください。

そのコースの「1番人気」の馬の成績が平均よりもズバ抜けて高いなら、先行馬であったり、リスクの少ない外枠であれば信頼して軸にしてもいいかなと思います。

逆に内枠に入ったり、後ろから行く馬の場合は、馬郡に包まれたり、スムーズに直線で外に出せなかったりというリスクを考えておきたいですね。

各コースのデータは以下のページで確認してください。

-知識

© 2020 回収率アップ馬券術