知識

先行する強い馬を見つけることが的中への近道

JRA のレースでは芝・ダート問わず、逃げまたは先行した馬の成績が良いです。

これは TARGET を使って、JRA の脚質別データの分析をしてみるとよくわかります。

成績が良いというのは、差しや追い込みに比べてということもありますが、回収率の面でも大きな期待度があります。

特にダートにおいては先行馬のベタ買いでもプラス収支という結果です。

ただし明らかに前有利と言えども、なかなかそれを馬券に結びつけることができていない人が多いのではないでしょうか。

というのも、逃げ先行馬が有利だからといって、逃げ先行馬ばかりの組み合わせを買っていてもなかなか馬券が当たらないからです。

ここでは、逃げ先行馬の狙い方について考えていきたいと思います。

逃げ・先行馬のボックス馬券はダメ

回収率だけを見ると逃げ先行馬が儲かるということは分かるのですが、勝率・複勝率を見ると後方の差し馬の方が成績が良かったりします。

この辺が、単純に前へ行く馬ばかりの組み合わせで馬券を買っても回収率がついてこない理由といえます。

特にボックス馬券は買い目が多くなるので、せめて軸となる狙い馬は定めたいところです。

よって逃げ・先行馬を狙う場合は、単勝や複勝がオススメといえます。

明らかな逃げ馬に関しては実力以上に人気を集めてしまいますが、逃げられるかどうかわからないけど 2,3 番手で競馬ができるような馬というのは人気的においしい場合が多いのです。

先行馬のメリットと可能性

仮に逃げられなくても先行できるということは、メンバーの中でそれなりのスピードを持っているという能力の証明ができます。

また前へ行くことで大外を回らされる可能性は低く、よりロスの少ないコースを走る可能性も高くなります。

未勝利戦や平場のレースなどでよく見られる光景ですが、斤量の軽い若手ジョッキーを乗せてとにかく先行する馬っていますよね。

それは、先行すれば最後の直線で前が詰まる可能性は低くなるし、馬群を捌くジョッキーのテクニックや大外回らされてしまった時の距離ロスをあまり考えなくてもいいというメリットがあるからです。

しかも斤量が軽いので、同じくらいの実力の馬が後ろから追ってきても何とか粘り込めるハンデ差が有効となります。

もちろん、先行争いが白熱して前に行った馬が全滅ってケースもなきにしもあらずですが・・・。

ただ、減量騎手は 1 つの目安となるので、先行馬を狙っていく際は積極的に狙っていっても面白いです。

先行馬をより正確に見つける方法

狙った馬が実際に逃げや先行ができるかというのは、近走のレース内容を見ればある程度想像がつきます。

ただし、実際にそのレースにおいて前へ行けるかどうかは相手メンバー次第となってしまいます。

そこで過去に、ハイブリット競馬新聞というものを購読して、その推定前半 3F(ハロン)のデータを参考にしていたことがありました。

特にダート短距離レースにおいては逃げ先行馬が圧倒的に有利で、人気薄でもそのまま行った行ったでゴールしてしまう場合も珍しくありません。

コーナーが多く小回りのダートの短距離戦で先行馬ばかりを狙うというのは 1 つの馬券術だと思っています。

人気馬が差しの時に狙っていきたいレースですね。

ハイブリッド指数1位の馬のデータ分析

-知識

© 2020 回収率アップ馬券術