CentOS5.0の初期設定(SElinuxの無効化など)

CentOS5.0の初期設定(SElinuxの無効化など)

CentOSCentOS5.0の初期設定(SElinuxの無効化など)

CentOS5.0 では、ディストリビューションからのインストール時に、SElinux やファイアウォールの設定ができないみたいです。そこで、ディストリビューションからのインストール後に設定をしてあげる必要があります。

まず、SElinux を無効にする方法です。selinux の設定ファイルを編集します。

$ vi /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled

次に、setenforce で 0(無効)を設定します。この状態は、getenforce コマンドで確認することができるので、getenforce で Permissive となっていれば無効化ができています。

$ setenforce 0

$ getenforce
Permissive

また、サーバ自体でパケットフィルタリングしない場合は、iptables のサービスを無効化します。さらに、OS 起動時に自動でサービスが起動しないように設定をします。

$ /etc/rc.d/init.d/iptables stop
$ /etc/rc.d/init.d/ip6tables stop
$ chkconfig iptables off
$ chkconfig ip6tables off

chkconfig --del しても良さそうだけど、off にする時と大きく何が違ってくるのでしょうか。chkconfig のリストに出るか出ないかの違いだけなのでしょうか。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報