Maven2でビルド環境の構成管理(1)

Maven2でビルド環境の構成管理(1)

JavaMaven2でビルド環境の構成管理(1)

Java のビルドと言えば、ここ 2 年ほど前までは、自分の中では Ant が主流でした。最近は、Maven2 が流行ってことで使ってみようと思います。最初は、簡単なプロジェクト作成までをやってみます。

まず、下記のサイトから Maven2.0 の最新版をダウンロードします。

maven-2.0.7-bin.zip

# zipファイルを解凍する

# 解凍したファイルを C ドライブ直下にコピーする
C:\maven-2.0.7

# ディレクトリの名前を変更する
[変更前] C:\maven-2.0.7
[変更後] C:\maven

# 環境変数の設定画面でパスを変更する
[PATH] C:\maven\bin

# JAVA_HOMEの環境変数を設定していなければ設定する(JDK1.5の例)
[変数] JAVA_HOME
[値] C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_13

# Dosプロンプトなどから実行確認

C:\>cd c:\maven\bin

# バージョンが表示されればOK
C:\maven\bin>mvn -v
Maven version: 2.0.7
Java version: 1.5.0_13
Proxy環境で使う場合は別途設定が必要になります。

C:\maven\conf\setting.xml を
C:\Documents and Settings\${USERNAME}\.m2 にコピーして下さい。

このファイルの proxy 部分を編集します。
<proxy>
  <id>optional</id>
  <active>true</active>
  <protocol>http</protocol>
  <username>proxyuser</username>
  <password>proxypass</password>
  <host>[プロキシのホスト]</host>
  <port>[プロキシのポート番号]</port>
  <nonProxyHosts>local.net,some.host.com</nonProxyHosts>
</proxy>
新規プロジェクト作成の作成方法です。
mvn archetype:create -DgroupId=test -DartifactId=test

他にも、いろいろなプロジェクトが作成できます。
mvn archetype:create -DgroupId=test -DartifactId=test -DarchetypeArtifactId=${
作成するプロジェクト}

詳細は次回まとめたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報