TomcatとApacheの連携(Windows編)

TomcatとApacheの連携(Windows編)

TomcatTomcatとApacheの連携(Windows編)

前回、Tomcatのインストール(Windows編) では、Windows 上で Tomcat を単独で動かす方法をまとめました。

今回は Apache と連携させて、80 番ポートで Tomcat にアクセスします。Apache との連携には mod_jk というモジュールを使用します。

mod_jk よりも mod_jk2 の方が新しそうなのですが、現在は開発が進んでないそうなので、ここでは mod_jk を使います。なお、Apache2.2 からは mod_proxy_ajp を使用して Tomcat にアクセスすることが可能となっていて少し楽です。

まず、mod_jk のアーカイブをダウンロードしておきます。
(mod_jk-apache-2.0.29.so)
http://tomcat.apache.org/download-connectors.cgi

# mod_jkをApache のモジュールに追加する

C:\Program Files\Apache Group\Apache2\modules\mod_jk-apache-2.0.29.so

# ファイル名を変更する
[変更前] mod_jk-apache-2.0.29.so
[変更後] mod_jk.so

# httpd.confの一番下に設定ファイルの読み込みを追加
vi httpd.conf

Include "C:/tomcat/conf/mod_jk.conf"

# ディレクトリを作成する
mkdir C:\tomcat\conf\auto
mkdir C:\tomcat\conf\jk

# server.xmlの設定
143行目に Listener を追加する
<Engine name="Catalina" defaultHost="localhost">

  <Listener className="org.apache.jk.config.ApacheConfig"
    modJk="C:/Program Files/Apache Group/Apache2/modules/mod_jk.so" />
# Tomcatを起動する
C:\tomcat\conf\auto に mod_jk.conf が作成される

# Tomcatを停止し、mod_jk.confを移動する
C:\tomcat\conf\auto\mod_jk.conf を C:\tomcat\conf に移動する

# mod_jk.confの設定
32, 33 行目にデフォルトサーブレットと JSP の設定を追加する
<VirtualHost>

  (省略)

  JkMount /*/servlet/ ajp13
  JkMount /*.jsp ajp13
</VirtualHost>
# workers.propertiesの設定(ポートとかさらに詳細に設定するのがいい)
C:\tomcat\conf\jk\workers.properties を作成する

# worker.listの設定
worker.list=ajp13

# Apacheとの連携確認
Apache のサービスを停止して、Tomcat, Apache の順に起動する

http://localhost/index.jsp にアクセスして Tomcat のページが見れれば成功です。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報