MRTGでディスクIO(Linux編)

MRTGでディスクIO(Linux編)

記事一覧MRTGでディスクIO(Linux編)

今回は MRTG のお話です。MRTG は遠隔のサーバから、対象サーバに対して、CPU の負荷やメモリの状態、ハードディスクの容量などをチェックするツールです。

また、ネットワークのトラフィックもチェックできるので、ハードウエア絡みの監視はほとんどまかなえるのではないでしょうか。

MRTG は snmp というプロトコルを利用して情報を取得します。よって、エージェント側(監視される側)では snmp のデーモンを起動しておく必要があります。CentOS では、net-snmp は yum で簡単に導入することができます。

もちろん tar での提供もされているので、どちらを使用しても大丈夫です。net-snmp5.3 からは snmptrap の設定が 5.2 と比べて若干変更になっているので、注意が必要です。

さて、今回はエージェントを CentOS にしたら、ディスク IO の値が取得できなかったので調べてみました。多分、CPU や HDD のハードウエアではなく、入出力などの部分なので、OS またはカーネルの問題で、MIB 値が変更になったと思われます。

では、早速、下記のコマンドで、デバイスの情報を取得できます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.1 = STRING: ram0
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.2 = STRING: ram1
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.17 = STRING: hda
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.18 = STRING: sda
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.19 = STRING: sda1
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.20 = STRING: sda2
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.21 = STRING: sda3

ちなみに、HDD の状況は df コマンドで確認できます。また、diskIONWritten の値は下記のコマンドで見れます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.4

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.1 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.2 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.3 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.18 = Counter32: 1312542720
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.19 = Counter32: 69783552
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.20 = Counter32: 43851776

今回は、sda 全体の値を使ってあげれば OK なので、デバイス 18 を使います。

(MRTGの設定例)
Target[diskio]:.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.4.18&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.3.18:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

Target[diskios]: .1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.6.18&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.5.18:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

RFC1514 を見ても今回はさっぱりわからなかったのですが、diskIODevice の確認ができればなんとか掴めたような気がします。間違っていたらご指摘下さい。まだ、Linux のハードウエア周りは苦手です・・・。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

新しいぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

WebAPI

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

Nginx

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

PHP / Laravel

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

セキュリティ / Nginx / SSL

>>記事を確認する