MRTGでディスクIO(Linux編)

MRTGでディスクIO(Linux編)

記事一覧MRTGでディスクIO(Linux編)

今回は MRTG のお話です。MRTG は遠隔のサーバから、対象サーバに対して、CPU の負荷やメモリの状態、ハードディスクの容量などをチェックするツールです。

また、ネットワークのトラフィックもチェックできるので、ハードウエア絡みの監視はほとんどまかなえるのではないでしょうか。

MRTG は snmp というプロトコルを利用して情報を取得します。よって、エージェント側(監視される側)では snmp のデーモンを起動しておく必要があります。CentOS では、net-snmp は yum で簡単に導入することができます。

もちろん tar での提供もされているので、どちらを使用しても大丈夫です。net-snmp5.3 からは snmptrap の設定が 5.2 と比べて若干変更になっているので、注意が必要です。

さて、今回はエージェントを CentOS にしたら、ディスク IO の値が取得できなかったので調べてみました。多分、CPU や HDD のハードウエアではなく、入出力などの部分なので、OS またはカーネルの問題で、MIB 値が変更になったと思われます。

では、早速、下記のコマンドで、デバイスの情報を取得できます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.1 = STRING: ram0
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.2 = STRING: ram1
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.17 = STRING: hda
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.18 = STRING: sda
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.19 = STRING: sda1
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.20 = STRING: sda2
UCD-DISKIO-MIB::diskIODevice.21 = STRING: sda3

ちなみに、HDD の状況は df コマンドで確認できます。また、diskIONWritten の値は下記のコマンドで見れます。

$ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.4

[一部抜粋]
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.1 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.2 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.3 = Counter32: 0
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.18 = Counter32: 1312542720
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.19 = Counter32: 69783552
UCD-DISKIO-MIB::diskIONWritten.20 = Counter32: 43851776

今回は、sda 全体の値を使ってあげれば OK なので、デバイス 18 を使います。

(MRTGの設定例)
Target[diskio]:.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.4.18&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.3.18:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

Target[diskios]: .1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.6.18&.1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.5.18:{SNMPGROUPNAME}@{IPアドレス}

RFC1514 を見ても今回はさっぱりわからなかったのですが、diskIODevice の確認ができればなんとか掴めたような気がします。間違っていたらご指摘下さい。まだ、Linux のハードウエア周りは苦手です・・・。


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する