JAXBでデータバインディング(2)

JAXBでデータバインディング(2)

JavaJAXBでデータバインディング(2)

前回、「JAXBでデータバインディング(1)」で JAXB について書きましたが、今回は Apache AXIS2 のデータバインディングのお話です。

AXIS2 は Java の SOAP のエンジン部分を得意とするモジュールです。クライアント側では、WSDL ファイルからスタブ的な Java ソースを生成してくれるのですが、その方法の中に adb(Axis Data Binding) や xmlbeans などのスタブ生成方法があります。

では、早速、スタブコードを生成するクライアント側で使用するモジュールと、サーバサイド側の AXIS エンジンのモジュールをダウンロードします。

AXIS2のダウンロード

[ダウンロードするファイル]
axis2-1.3-bin.zip
axis2-1.3-war.zip

では、インストールしてみます。今回は AXIS エンジンの起動までをまとめてみました。

[前提条件]
Tomcat が C:\tomcat にある
Tomcat は Apache と連携していて 80 番ポートで受け付ける

# 解凍
axis2-1.3-bin.zip

解凍後のフォルダを C:\Program Files\Java にコピーする
※スタブコードの生成は別途説明します

# 解凍
axis2-1.3-war.zip

解凍後の axis2.war を C:\tomcat\webapps にコピーする

# mod_jk.conf に AXIS の設定を追加

JkMount /axis2 ajp13
JkMount /axis2/* ajp13
※Apache と Tomcat を再起動する

# 下記の URL にアクセスする(Apache が 80 番ポートの場合)

http://localhost/axis2/

# Validate のリンクをクリックする

Axis2 Happiness Page が表示されれば成功です

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報