JavaでJNIを使ってみる(3)

JavaでJNIを使ってみる(3)

JavaJavaでJNIを使ってみる(3)

前回、「JavaでJNIを使ってみる(2)」で Cygwin 上での dll 作成をまとめました。今回は、Linux と MacOS 上でライブラリを作成します。まずは、オブジェクト(.oファイル)を作成します。

$ gcc -fPIC -g -I${JAVA_HOME}/include \
-I${JAVA_HOME}/include/linux \
-c sample.cpp

続いて、Linux の動的共有オブジェクト(.soファイル)を作成します。

$ gcc -lstdc++ -shared -o libsample.so sample.o

Linux 上で、JDK1.5.0_13(Update13)を使用してネイティブコードを実行すると下記のエラーが出ます。

# java sample
Exception in thread "main" java.lang.UnsatisfiedLinkError: 
/usr/local/jdk1.5.0_13/jre/lib/i386/libsample.so: Can't load IA 32-bit .so on a IA 32-bit platform
    at java.lang.ClassLoader$NativeLibrary.load(Native Method)
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary0(ClassLoader.java:1751)
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary(ClassLoader.java:1668)
    at java.lang.Runtime.loadLibrary0(Runtime.java:822)
    at java.lang.System.loadLibrary(System.java:993)
    at sample.(sample.java:6)

そこで、JDK1.5.0_09(Update9)にバージョンダウンしてみます。古いバージョンのモジュールは「古いJDKのモジュール」を参考にして下さい。詳細はまだわかりませんが、JDK1.5.0_10(Update10)から内部的に何かが変わったみたいです。わかり次第お伝えしようと思います。

JDK1.5.0_09(Update9)では問題なく実行が可能です。

次に、MacOS 上でのライブラリの作成です。Linux 同様に、オブジェクト(.oファイル)を作成します。

$ gcc -fPIC -g -I${JAVA_HOME}/include -c sample.cpp

続いて、動的共有オブジェクト(.jnilibファイル)を作成します。MacOS では jnilib というファイルにしないと実現できないようです。

$ gcc -lstdc++ -bundle -o libsample.jnilib sample.o

あとは、java コマンドで実行すると動作が確認できます。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報