CentOSでnet-snmp

CentOSでnet-snmp

記事一覧CentOSでnet-snmp

MRTG でリモートからサーバ監視するためには、監視対象のサーバで snmp のデーモンが動いている必要があります。そこで、今回は CentOS4.4 に net-snmp の導入をしてみます。

手順としては、net-snmp のモジュールを外部サーバから取得してきて、ビルドするだけです。

(rootで作業します)
% cd /usr/local/src
% wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/net-snmp/net-snmp-5.3.0.1.tar.gz
% tar zxvf net-snmp-5.3.0.1.tar.gz
% cd net-snmp-5.3.0.1
% ./configure --with-mib-modules="host ucd-snmp/diskio"
(プロンプトが出現するが全てEnterでよい)

% make
% make install

環境によっては、下記の 2 つのモジュールを yum でインストールしておかないとダメな場合もあります。

% yum install beecrypt-devel
% yum install elfutils-libelf-devel

これで、snmpd が起動できますが、その前に、snmp と snmptrap の設定をします。snmp の設定では、監視対象となるグループやネットワークセグメント、またハードディスクのパーティションに対して監視設定ができます。

まず、snmp の設定ファイルをサンプルを元に作成します。 ネットワークアドレスやコミュニティ名は環境に合わせて下さい。

% cp EXAMPLE.conf /usr/local/share/snmp/snmpd.conf
% vi /usr/local/share/snmp/snmpd.conf

####
# First, map the community name (COMMUNITY) into a security namecd /hom
# (local and mynetwork, depending on where the request is coming
# from):
#        sec.name   source          community
com2sec  local      localhost       communityname
com2sec  mynetwork  192.168.0.0/24  communityname

# Check the / partition and make sure it contains at least 10 megs.
disk /home 10%
disk /var  10%
disk /     10%

次に、snmpstap の設定です。net-snmp5.2 では、デフォルトで trap をどこからでも検知する設定なので不要ですが、net-snmp5.3 では設定が必要になります。今回は、net-snmp5.2 の設定と同じく、全部許可する設定をします。設定ファイルは新規の作成となります。

% vi /usr/local/share/snmp/snmptrapd.conf

disableAuthorization yes

あとは、snmpd を起動して動作確認です。

% /usr/local/sbin/snmpd

snmpwalk を使うといろいろな確認テストができます。 その他、OS 起動時の自動設定などをしておけば楽になります。

# デーモンの起動スクリプト
% vi /etc/init.d/snmp

#!/bin/sh
case "$1" in
  start)
    /usr/local/sbin/snmpd -a -Lsd -p /var/run/snmpd.pid
    /usr/local/sbin/snmptrapd -a -Lsd -p /var/run/snmptrapd.pid
    ;;
  stop)
    kill `cat /var/run/snmpd.pid`
    kill `cat /var/run/snmptrapd.pid`
    ;;
  *)
    exit 1
esac
exit 0;

# 実行権限付与
% chmod 755 /etc/init.d/snmp

# 自動起動の設定
% chkconfig --add snmp

# 自動起動の確認
% chkconfig --list snmp

あとは、監視側の設定をするだけです。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する