消せない(アンインストールできない)ソフトウエア

消せない(アンインストールできない)ソフトウエア

記事一覧消せない(アンインストールできない)ソフトウエア

嫁の実家から、ウイルス対策ソフトがインストールできないと呼ばれて行ってみた。入れるべきソフトは 1980 円のソースネクスト製品。そういえば本社と同じビルにこの会社あったっけ?私はここの製品をまだ買ったことがありません。

(ここから長文)

で、実際にインストールしてみると、同じウイルス対策製品が既にインストールされていので、先にそっちをアンインストールしてくれと言われる。
(どうやらMcafeeのVirusScanが既に入ってるみたい)

まあ、そんなことかと思い、早速コントロールパネルのアプリケーションの追加と削除から削除を実行。あれっ、予想外にも致命的なエラーで強制的に アンインストールが中断されてしまう(^^;

仕方ないから、スタートメニューから消そうかなって思って、スタート→プログラムと順に選択して Mcafeeを探すと、あれっ、なっない・・・。ProgramFilesにもフォルダが存在しない・・・(^^;;

そんなときに、嫁のお父さんが帰ってきたので、聞いてみる。どうやら、削除の仕方がわからずにMcafeeのフォルダを消したらしいw

ここで、思いついたのが、プリインストールされてきた CD を使って、VirusScan を再インストールして、その後アンインストールする方法。しかし、結果は同じく致命的なエラー発生。

ここまでくると、レジストリ操作かなぁっとかな~り嫌な予感がするのですが、必死に Google に頼ってみる・・・。

そんな中、Mcafee の古いサポートページで状況は違うけど、致命的なエラー発生時の対応策が書いてあるところを発見。
(Windows98/Me用のネタでしたが)

どうやら、MicrosoftのWindows Install CleanUp というソフトを使うらしい。きっ、聞いたことないなぁ・・・。とりあえず、98/Me 用でしたがMicrosoft のページへアクセスしてみる。おぉ、WindowsXP 用も提供されてる。

インストーラーは全部英語で怪しい感じなのですが、もうこれに頼ってみるしかない。とりあえず、インストールして起動してみる。(All User)が対象になっているソフトウエアに Mcafee VirusScanを発見したので、それをRemove してみました。
(ツール自体も全部英語でした)

この時点でコントロールパネルからMcafeeが消えました。レジストリとかはわかりませんが、ちょっと兆しが見えてきた感じがします。

ここで、再度 Mcafee を入れ直して、アンインストールするか、一気にソースネクスト製品を入れるか悩んだ挙句、ソースネクスト製品を選択。

インストール過程で、Mcafee が既に入っている情報は見つけられずにスムーズに完了。そして再起動。あとは、Windows が無事に起動するかが心配だったのですが、何事もなく起動完了。

こうして Windows Install CleanUp という全然知らないプログラムのおかげで解決したのでした。もしかして巷では有名なツールなのかなぁ。


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する