OpenSUSEでBasic認証のファイル作成スクリプト

OpenSUSEでBasic認証のファイル作成スクリプト

OpenSUSEOpenSUSEでBasic認証のファイル作成スクリプト

Trac のユーザー認証はいろいろと方法がありますが、手っ取り早いのはファイルでの Basic 認証です。(Trac に限った話ではありませんが)

しかし、これにはこれで問題があって、ユーザーが増えるたびに、コンソールで入力してもらうのは面倒です。また、パスワードがコンソールに残るのも嫌なので、簡易なスクリプトを作成してみました。

OpenSUSE Linux だと htpasswd じゃなくて htpasswd2 なのね・・・。他に Basic 認証使うとしたら、Apache や Subversion などでしょうか。

#!/bin/sh

# Trac の Basic 認証用ファイル
PASSWORD_FILE="/etc/trac.passwd"

# ユーザーIDの入力をさせる
printf "Please Input User ID : ";
read user_id

if [ "${user_id}" == "" ] ; then
    echo "User ID Missed.";
    exit 1;
fi

# パスワードの入力をさせる
printf "Please Input Password : ";
read password

if [ "${password}" == "" ] ; then
    echo "Password Missed.";
    exit 1;
fi

# コンソールにユーザーIDを表示して確認してもらう
cat << CONFIRM

[Entry]
User ID  : ${user_id}
password : ********

CONFIRM

# 問題がなければ y を押してもらう
printf "Entry OK? [y/n] : ";
read answer

if [ "${answer}" == "y" -o "${answer}" == "Y" ] ; then
    htpasswd2 -b ${PASSWORD_FILE} ${user_id} ${password}
else
    echo "Stop Entry.";
fi

exit 0;

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報