SSL対応のWindows版Apacheモジュール(2)

SSL対応のWindows版Apacheモジュール(2)

ApacheSSL対応のWindows版Apacheモジュール(2)

Windows で Apache2.2 のサービスを SSL 有効の状態で起動するには、サービスの Apache2.2 のプロパティから「開始パラメータ」を付けて起動する必要があります。

[開始パラメータ]
-D SSL

これだと、サービスの自動起動の意味があまりないので、
自動で SSL が有効になる方法を調べてみました。

[レジストリ調整]
ファイル名を指定して実行から regedit と入力します。
下記を変更します。
[場所]
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Apache2.2

[パラメータ]
ImagePath

[内容]
(変更前)"C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\bin\httpd.exe" -k runservice
↓
(変更後)"C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\bin\httpd.exe" -D SSL -k runservice

レジストリを変更するのはあまり好きではないので、他にも方法がないか探してみます。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報