Pukiwikiで入力ヘルパー導入

Pukiwikiで入力ヘルパー導入

記事一覧Pukiwikiで入力ヘルパー導入

Pukiwiki で文字の色などを指定するのが面倒なので、ブログでも流行のパレットやアイコン設置ツールバーを導入。当初、input_helper.inc.php を使おうと思っていましたが、どうやら作者のサイトが長い間ダウンしているみたいなので断念。

そこで、LunaTear というサイトで説明されていた、inputtoolbar.inc.php を使うことにしました。inputtoolbar.inc.php は PukiWiki Plus! のモジュールを改良して、プラグイン化したもののようです。

サイトを参考にして早速導入してみます。サイトでは Pukiwiki1.4.5をベースに説明されていますが、ここでは現在最新の Pukiwiki1.4.7 を使います。

LunaTear

[動作環境]
PukiWiki 1.4.7_notb
pukiwiki-1.4.7plus-u2-eucjp

まず、PukiWiki Plus! の最新版をダウンロードします。

[PukiWiki Plus!]
http://pukiwiki.cafelounge.net/plus/

次に Pukiwiki Plus! のモジュールを解凍して下記のファイルを抜き出します。
これを Pukiwiki と同じ階層にコピーします。
skin/assistant.js
skin/assistloaded.js
skin/gecko.js
skin/other.js
skin/winie.js
skin/default.js --> inputhelper.js に名前を変更

image/face/bigsmile.png
image/face/heart.png
image/face/huh.png
image/face/oh.png
image/face/sad.png
image/face/smile.png
image/face/star.gif
image/face/tear.png
image/face/umm.png
image/face/wink.png
image/face/worried.png

image/plus/adv31.png
image/plus/adv.png
image/plus/bg.png
image/plus/br.gif
image/plus/buttons.gif
image/plus/clip.png
image/plus/colors.gif
image/plus/comment.png
image/plus/easy.png
image/plus/ext.png
image/plus/hint.png
image/plus/home.png
image/plus/inn.png
image/plus/iplugin.gif
image/plus/ncr.gif
image/plus/outline_close.png
image/plus/outline_open.png
image/plus/paraedit.png
image/plus/referer.png
image/plus/trackback.png

次に、LunaTear のサイトから inputtoolbar.inc.php をダウンロードします。ダウンロードすると拡張子が txt になっているので、拡張子を消して inputtoolbar.inc.php に変更します。このファイルを Pukiwiki の plugin フォルダに入れる前に、Pukiwiki の設定を調整しておきます。

[1]
default.ini.php に画像の定義を追加します。
場所は下記のコメントがある連想配列の中です。
// Face marks, Japanese style
'\s(\(T\-T)'    => ' <img alt="$1" src="' . IMAGE_DIR . 'face/worried.png" />',
'\s(\(\^Q\^)'   => ' <img alt="$1" src="' . IMAGE_DIR . 'face/huh.png" />',
'\s(\(\^_\-)'   => ' <img alt="$1" src="' . IMAGE_DIR . 'face/wink.png"/>',
[2]
pukiwiki.ini.php で JavaScript の使用を許可します。
// PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT - Allow using JavaScript
define('PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT', 1);

※1が許可するです
これで、入力ヘルパーが使える状態になります。

(例)
#inputtoolbar

また、さらに全編集画面でヘルパーを使いたい場合はいくつか編集が必要です。
LunaTear のサイトにも書いてあるのでここでは diff の結果を載せておきます。
(Pukiwiki1.4.7でも前後のコードは一緒なので迷わないと思います)

既存ファイルが pukiwiki.skin.php、編集後が pukiwiki.skin.php.new とします。
pukiwiki.skin.php は Pukiwiki の skin フォルダにあります。
$ diff -u pukiwiki.skin.php pukiwiki.skin.php.new
--- pukiwiki.skin.php      2006-03-07 14:03:02.000000000 +0900
+++ pukiwiki.skin.php.new  2008-01-18 18:06:21.390625000 +0900
@@ -81,7 +81,7 @@
 <link rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS" href="<?php echo $link['rss'] ?>" /><?php // RSS auto-discovery ?>

 <?php if (PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT && $trackback_javascript) { ?> <script type="text/javascript" src="skin/trackback.js"></script><?php } ?>
-
+<?php if (PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT) { ?><script type="text/javascript" src="<?phpecho SKIN_DIR?>inputhelper.js"></script><?php } ?>
 <?php echo $head_tag ?>
 </head>
 <body>
@@ -184,7 +184,7 @@
 <?php if ($notes != '') { ?>
 <div id="note"><?php echo $notes ?></div>
 <?php } ?>
-
+<?php if (PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT) { ?><script type="text/javascript" src="<?php echo SKIN_DIR?>assistloaded.js"></script><?php } ?>
 <?php if ($attaches != '') { ?>
 <div id="attach">
 <?php echo $hr ?>
@@ -193,7 +193,7 @@
 <?php } ?>

 <?php echo $hr ?>
-
+<?php if (PKWK_ALLOW_JAVASCRIPT) { require_once(PLUGIN_DIR.'inputtoolbar.inc.php'); echo plugin_inputtoolbar_convert(); } ?>
 <?php if (PKWK_SKIN_SHOW_TOOLBAR) { ?>
 <!-- Toolbar -->
 <div id="toolbar">

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する