リダイレクトとファイルディスクリプタ(2)

リダイレクトとファイルディスクリプタ(2)

Linux(FreeBSD)リダイレクトとファイルディスクリプタ(2)

前にリダイレクトについて書いたのですが、bash に特化していたので csh についても補足。
(参考:リダイレクトとファイルディスクリプタ(1))

まあ、補足と言うか、レンタルサーバの OS が FreeBSD だったのでちょっと調べただけですが。標準出力と標準エラー出力をともに同じファイルに出力する場合の方法です。

$ cat output.txt input.txt >& result.txt

ただ、cron の実行が csh とは必ずしも限らないので、そこは注意が必要です。crontab の先頭で下記のように書かれていると、csh で扱われたりします。

SHELL=/bin/csh

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報