SpringFrameworkでDIコンテナ(1)

SpringFrameworkでDIコンテナ(1)

記事一覧SpringFrameworkでDIコンテナ(1)

いまさらながら、DI(Dependency Injection)コンテナに注目して Spring Framework を使ってみることにしました。Spring Framework は、何年か前に仕事で目にしたことはあったのですが、自分で使うのは初めてです。

今回は初めての人向けに書かれた @IT の記事を参考にして、さらに詳細に動作させていく過程を書き残してみたいと思います。

[@IT:DI:依存性の注入とは何か?]Spring Frameworkで理解するDI(1)

この記事の最初にある、「設定と利用を分離」するサンプルを試します。
(プロパティの初期値を設定ファイルから読み込んで設定するサンプル)

まずは、下記のサイトから Spring Framework をダウンロードします。現在(2008-02)の最新は spring-framework-2.5.1.zip になります。

Spring Framework

今回は、Eclipse で Java プロジェクトを作って試したいと思います。Eclipse の新規プロジェクトで、Java プロジェクトを作成します。
(プロジェクト名は spring としておきます)

Java プロジェクトのルートに、lib いうディレクトリを作成して、この中にダウンロードした、spring.jar を入れます。spring.jar は下記のサイトにあります。

[ダウンロードアーカイブ]
spring-framework-2.5.1/dist/spring.jar

この他に、commons-logging-1.1.jar も一緒に入れると書いてますが、記事の内容とは違ってアーカイブに入っていないようなので、別途入手してきます。私は別のプロジェクトで使っているのでそれで代用。手元にない場合は、下記のサイトからダウンロードできます。

commons-logging

ライブラリの準備ができたら記事のサンプルソースを実装します。まずは、Java プロジェクトのルートに SpringTest.java と Horse.java を作成します。applicationContext.xml はアプリケーションのクラスパス上に配置して下さいと書いてあるので、applicationContext.xml も同様の場所に作成します。ソースは記事のものから名前を変更しています。

[SpringTest.java]
import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.ClassPathXmlApplicationContext;

public class SpringTest {
  public static void main(String args[]) {
    // アプリケーションコンテキストの取得
    ApplicationContext contxt = new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml");

    // Beanの取得
    Horse horse = (Horse)contxt.getBean("horse");

    System.out.println(horse.getMessage());
  }
}

[Horse.java]
public class Horse {
  public Horse() {}

  private String message;
  public String getMessage() { return this.message; }
  public void setMessage(String message) { this.message = message; }
}

[applicationContext.xml]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN" "http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd">
<beans>
  <bean id="horse" class="Horse" >
    <property name="message" >
      <value>Hello World!</value>
    </property>
  </bean>
</beans>
構成は以下になります。
(.classpath と .project は省略します)
spring
  |
  +-- lib
  |     |
  |     +-- commons-logging-1.1.jar
  |     |
  |     +-- spring.jar
  |
  +-- applicationContext.xml
  |
  +-- Horse.java
  |
  +-- SpringTest.java

できたら、SpringTest.java を右クリックして、[実行]から[Java アプリケーション]を選択して実行します。Hello World! と表示されれば成功です。続きは次回にまとめたいと思います。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

新しいぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

WebAPI

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

Nginx

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

PHP / Laravel

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

セキュリティ / Nginx / SSL

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

Web全般 / WebAPI

>>記事を確認する

AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

Apache / PHP / AWS / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する