SpringFrameworkでDIコンテナ(2)

SpringFrameworkでDIコンテナ(2)

JavaSpringFrameworkでDIコンテナ(2)

今回も、前回と同じ記事から、Spring Framework によって「依存オブジェクト」を注入するところを確認するサンプルを試します。DI では「オブジェクト同士の関連」も「設定」であると見なして実装から切り離すことができるみたいです。

[@IT:DI:依存性の注入とは何か?]Spring Frameworkで理解するDI(1)

まずは、クラス図とソースを見て、実装するモジュールの内容を確認します。そして、前回と同じように、SpringTest.java, ChildHorse.java,ParentHorse.java, applicationContext.xml を作成します。ChildHorse.java と ParentHorse.java は継承関係ではなく、コンポジションを使ったパターンでしょうか。ソースは記事のものから名前を変更しています。

[SpringTest.java]
import org.springframework.context.ApplicationContext; 
import org.springframework.context.support.
ClassPathXmlApplicationContext; 

public class SpringTest { 
  public static void main(String args[]){ 
    ApplicationContext contxt = new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml"); 
    Parent parent = (Parent)contxt.getBean("parent"); 
    System.out.println( "親オブジェクトの設定情報:"+ parent.getName()); 

    Child child = parent.getChild(); 
    System.out.println( "子オブジェクトの設定情報:" + child.getName()); 
  }
}

[ChildHorse.java]
public class ChildHorse { 
  private String name; 
  private Integer no; 
  public String getName() { return name; } 
  public void setName(String name) { this.name = name; } 
  public Integer getNo() { return no; } 
  public void setNo(Integer no) { this.no = no; } 
} 

[ParentHorse.java]
public class ParentHorse { 
  public ParentHorse() {} 
  private ChildHorse childHorse; 
  private String name; 
   
  public ChildHorse getChildHorse() { return childHorse; } 
  public void setChildHorse(ChildHorse childHorse) { this.childHorse = childHorse; } 
  public String getName() { return name; } 
  public void setName(String name) { this.name = name; } 
} 

[applicationContext.xml]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN" "http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd"> 
<beans> 
  <bean id="childHorse" class="ChildHorse"> 
    <property name="name" > 
      <value>子供</value> 
    </property> 
    <property name="no" > 
      <value>1</value> 
    </property> 
  </bean> 

  <bean id="parentHorse" class="ParentHorse" > 
    <property name="childHorse" > 
      <ref bean="childHorse" /> 
    </property> 
    <property name="name"> 
      <value>親</value> 
    </property> 
  </bean> 
</beans> 

構成は以下になります。
(.classpath と .project は省略します)

spring
  |
  +-- lib
  |     |
  |     +-- commons-logging-1.1.jar
  |     |
  |     +-- spring.jar
  |
  +-- applicationContext.xml
  |
  +-- ChildHorse.java
  |
  +-- ParentHorse.java
  |
  +-- SpringTest.java

実行してみると、下記が表示されます。表示されない場合はソースやクラスパスなどを確認して下さい。

親オブジェクトの設定情報:親
子オブジェクトの設定情報:子供

内部で行われていることは以下の通りです。記事の説明がわかりやすいので引用します。
(オブジェクト名を少し変更しています)

[引用(開始)]
Springのコンテナが、外部ファイル applicationContext.xml に従って
ParentHorse オブジェクトと ChildHorse オブジェクトを組み立てます。

そして Spring Framework の ApplicationContext が、SpringTest という
アプリケーションからの呼び出しに応じて、組み立てられたオブジェクトを返し、
親と子のオブジェクトに設定した値を表示します。
[引用(終了)]

次回も次のサンプルを試してみたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報