SpringFrameworkでDIコンテナ(2)

SpringFrameworkでDIコンテナ(2)

記事一覧SpringFrameworkでDIコンテナ(2)

今回も、前回と同じ記事から、Spring Framework によって「依存オブジェクト」を注入するところを確認するサンプルを試します。DI では「オブジェクト同士の関連」も「設定」であると見なして実装から切り離すことができるみたいです。

[@IT:DI:依存性の注入とは何か?]Spring Frameworkで理解するDI(1)

まずは、クラス図とソースを見て、実装するモジュールの内容を確認します。そして、前回と同じように、SpringTest.java, ChildHorse.java,ParentHorse.java, applicationContext.xml を作成します。ChildHorse.java と ParentHorse.java は継承関係ではなく、コンポジションを使ったパターンでしょうか。ソースは記事のものから名前を変更しています。

[SpringTest.java]
import org.springframework.context.ApplicationContext; 
import org.springframework.context.support.
ClassPathXmlApplicationContext; 

public class SpringTest { 
  public static void main(String args[]){ 
    ApplicationContext contxt = new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml"); 
    Parent parent = (Parent)contxt.getBean("parent"); 
    System.out.println( "親オブジェクトの設定情報:"+ parent.getName()); 

    Child child = parent.getChild(); 
    System.out.println( "子オブジェクトの設定情報:" + child.getName()); 
  }
}

[ChildHorse.java]
public class ChildHorse { 
  private String name; 
  private Integer no; 
  public String getName() { return name; } 
  public void setName(String name) { this.name = name; } 
  public Integer getNo() { return no; } 
  public void setNo(Integer no) { this.no = no; } 
} 

[ParentHorse.java]
public class ParentHorse { 
  public ParentHorse() {} 
  private ChildHorse childHorse; 
  private String name; 
   
  public ChildHorse getChildHorse() { return childHorse; } 
  public void setChildHorse(ChildHorse childHorse) { this.childHorse = childHorse; } 
  public String getName() { return name; } 
  public void setName(String name) { this.name = name; } 
} 

[applicationContext.xml]
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN" "http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd"> 
<beans> 
  <bean id="childHorse" class="ChildHorse"> 
    <property name="name" > 
      <value>子供</value> 
    </property> 
    <property name="no" > 
      <value>1</value> 
    </property> 
  </bean> 

  <bean id="parentHorse" class="ParentHorse" > 
    <property name="childHorse" > 
      <ref bean="childHorse" /> 
    </property> 
    <property name="name"> 
      <value>親</value> 
    </property> 
  </bean> 
</beans> 

構成は以下になります。
(.classpath と .project は省略します)

spring
  |
  +-- lib
  |     |
  |     +-- commons-logging-1.1.jar
  |     |
  |     +-- spring.jar
  |
  +-- applicationContext.xml
  |
  +-- ChildHorse.java
  |
  +-- ParentHorse.java
  |
  +-- SpringTest.java

実行してみると、下記が表示されます。表示されない場合はソースやクラスパスなどを確認して下さい。

親オブジェクトの設定情報:親
子オブジェクトの設定情報:子供

内部で行われていることは以下の通りです。記事の説明がわかりやすいので引用します。
(オブジェクト名を少し変更しています)

[引用(開始)]
Springのコンテナが、外部ファイル applicationContext.xml に従って
ParentHorse オブジェクトと ChildHorse オブジェクトを組み立てます。

そして Spring Framework の ApplicationContext が、SpringTest という
アプリケーションからの呼び出しに応じて、組み立てられたオブジェクトを返し、
親と子のオブジェクトに設定した値を表示します。
[引用(終了)]

次回も次のサンプルを試してみたいと思います。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する