LinuxでHSQLDBを使う

LinuxでHSQLDBを使う

データベースLinuxでHSQLDBを使う

ピュア Java で軽量なデータベースとして HSQLDB というものがあります。私は検証用にはいつも MySQL を使っていますが、HSQLDB はどうやって使うのか試してみました。

HSQLDB

上記のサイトから最新版をダウンロードします。2008 年 2 月 28 日現在の最新は HSQLDB-1.8.0.8 です。Windows への導入方法はいたって簡単で、ダウンロードした zip ファイルを解凍して、起動用のバッチファイル(bat)と、管理画面用のバッチファイル(bat)を作成するだけです。

管理画面は GUI の画面が使えます。Windows 用については、多くのサイトで紹介されているようなので、今回は Linux への導入を試してみました。UNIX 向けのドキュメントは本家サイトにあるのですが、もちろん英語なので、日本語で簡単にまとめてみます。

今回は、データベースへのアクセスまでを試してみます。起動スクリプトからの起動や、デーモンとしての動作方法は、何パターンかあるようなので、本家のページを参考にして下さい。

# ダウンロードした zip を解凍
$ unzip /usr/local/src/hsqldb_1_8_0_9.zip

# /usr/local/hsqldb で動かす
$ cp -r hsqldb /usr/local

# hsqldb ユーザーで動作させる
$ useradd -s /bin/bash -m hsqldb
$ chown -R hsqldb /usr/local/hsqldb

# パスやクラスパスの設定
# /etc/skel 以下にテンプレートがあれば不要
$ vi /home/hsqldb/.bashrc

export HSQLDB_HOME=/usr/local/hsqldb
export CLASSPATH=.:${HSQLDB_HOME}/lib/hsqldb.jar

※この他に ant と java にパスが通っているとします
(ANT_HOME や JAVA_HOME なども export されているとします)

# jar の作成
$ cd /usr/local/hsqldb/build
$ ant hsqldb

# 設定ファイルの作成
$ cp -p /usr/local/hsqldb/src/org/hsqldb/sample/sample-server.properties /home/hsqldb/server.properties
$ cp -p /usr/local/hsqldb/src/org/hsqldb/sample/sqltool.rc /home/hsqldb/
$ chown hsqldb /home/hsqldb/server.properties
$ chown hsqldb /home/hsqldb/sqltool.rc
$ chmod 600 /home/hsqldb/sqltool.rc

# バックグラウンドでサーバプロセスを起動
$ su - hsqldb
$ nohup java org.hsqldb.Server &

# データベースにアクセス
$ java -jar /usr/local/hsqldb/lib/hsqldb.jar localhost-sa

sql>
CREATE TABLE test (
  id int PRIMARY KEY,
  name varchar(64)
);

sql> \d test

name  datatype  width  no-nulls
----  --------  -----  --------
ID    INTEGER      11  *
NAME  VARCHAR      64

sql> \q

コマンドは MySQL より PostgreSQL に近いですね。PostgreSQL の時と同様に、コンソールに戻るのに悩みました(笑)

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報