Linux(OpenSUSE)のApache2.2でWebDav対応

Linux(OpenSUSE)のApache2.2でWebDav対応

記事一覧Linux(OpenSUSE)のApache2.2でWebDav対応

サーバへのファイルの転送に FTP をわざわざ使うのもどうかと思ったので、WebDav を使ってみました。WebDav なら Apache のサービスが既に立ち上がっていれば簡単に導入できます。今回は認証も掛けておこうと思います。

Apache は複数の認証方式に対応していますが、BASIC 認証が一般的には多く使われているのでしょうか。今回はダイジェスト認証を使ってみることにします。環境は、Linux のディストリビューションは OpenSUSE で、Apache のバージョンは 2.2.3 とします。

WebDav 対応のために下記のモジュールを追加します。
(最初から読み込まれていたものもあるかも。うろ覚え)

/usr/lib/apache2-prefork/mod_auth_digest.so
/usr/lib/apache2-prefork/mod_authn_file.so
/usr/lib/apache2-prefork/mod_authz_owner.so
/usr/lib/apache2-prefork/mod_headers.so

openSUSE の Apache の場合、Apache モジュールの情報は /etc/apache2/sysconfig.d/loadmodule.conf に書かれています。ただし、実際に読み込むモジュールを指定するファイルは別なので注意が必要です。loadmodule.conf に書いても後々上書きされます。

ロードするモジュールを定義するファイルは、/etc/sysconfig/apache2 になります。/etc/sysconfig/apache2 の APACHE_MODULES の変数に、ロードしたいモジュールをスペース区切りで定義していきます。モジュールをロードさせるには apache2ctl(/usr/sbin/http2)ではなく、/usr/sbin/rcapache2 を使ってサービスを再起動する必要があります。

$ rcapache2 restart

サービス再起動の前に、WebDav のディレクトリを作ります。今回は、/home/www/dav を作ってディレクトリエイリアスを使います。また、WebDav のロックファイルが必要になるので、ロックファイルも作成して httpd のプロセスがアクセスできるように権限付与します。

DavLockDB /var/lock/dav/DavLock
Alias /davdav "/home/www/dav"

<IfModule mod_dav.c>
    DAVMinTimeout 600
    <Location /davdav>
        DAV On
        Header add MS-Author-Via "DAV"
        AuthType Digest
        AuthName "webdav"
        AuthDigestProvider file
        AuthUserFile /etc/.digpasswd
        <LimitExcept OPTIONS>
            Require valid-user
        </LimitExcept>
    </Location>
</IfModule>

あとは、マイネットワークのネットワークプレースの追加などで、下記の URL を指定すればアクセスが可能になります。

http://localhost/davdav/

っと思ったら、すっかりダイジェスト認証用のファイルに触れていませんでした。ダイジェスト認証用のファイルは、BASIC 認証と同じく、ユーザー ID とパスワードの組み合わせになっています。ひとつ違うのは、realm と呼ばれる文字列を持っていることです。

この realm と Apache の WebDav の設定で定義した AuthName が一致していないと、認証が通りません。ダイジェスト認証のファイルの作成方法は htdigest2 コマンドを使用します。

認証ファイルを /etc/.digpasswd、realm を webdav、ユーザーID を saratoga と仮定します。新規でファイルを作成する場合は、ファイル名の前に -c を付けて下さい。詳しくは htdigest2 -h を参照して下さい。実行するとパスワードを 2 回聞かれるので入力すれば完了です。htdigest で生成した認証ファイルのパスワードは MD5 形式で暗号化されます。

$ htdigest2 /etc/.digpasswd webdav saratoga

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する