Linux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

Linux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

記事一覧Linux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

今回は、Linux サーバの Apache を SSL 対応にします。一般的(一般的ってなんだろ)なディストリビューションでは、ソースから OpenSSL をビルドして、Apache に組み込んでから、Apache をインストールという流れになります。

パッケージなどが用意されているディストリビューションでは、簡単に対応できるものもあるようです。今回使う、OpenSUSE Linux もパッケージが簡単に導入できます。しかし、逆に設定ファイルの構成が見慣れない・・・。そこで、設定ファイル中心にまとめてみました。

SSL で通信を暗号化するには、サーバ用の証明書とサーバ用の秘密鍵が必要になります。
(ここでは、それぞれ test.crt, test.key とします)

ちょっとしたテストや、一部の LAN 内での利用であれば、無理して購入する必要はなく、オレオレ証明書で代用できます。本稼動前のサービスなどでは、テストでも決してオススメできないですが。ということで、オレオレ証明書や秘密鍵の作成方法については他のサイトにたくさんやり方が書いてあるので参考にして下さい。
(ここは省きます)

mod_ssl がない場合は、パッケージ管理(YaST)などから入れておいて下さい。YaST はコマンドラインからは使いにくいと聞きますが、その場合は、yum や apt なのでしょうか。/etc/apache2/vhosts.d 配下にあるテンプレートを元に、SSL の基本設定をします。

$ vi /etc/apache2/vhosts.d/vhost-ssl.conf 

<IfDefine SSL>
<IfDefine !NOSSL>

<VirtualHost _default_:443>
  DocumentRoot "/home/www"
  ServerName localhost
  ErrorLog /var/log/apache2/ssl.err
  TransferLog /var/log/apache2/ssl.acc

  SSLEngine on
  SSLCipherSuite ALL:!ADH:!EXPORT56:RC4+RSA:+HIGH:+MEDIUM:+LOW:+SSLv2:+EXP:+eNULL
  SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl.crt/test.crt
  SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl.key/test.key

  <Files ~ "\.(cgi|shtml|phtml|php3?)$">
      SSLOptions +StdEnvVars
  </Files>
  <Directory "/srv/www/cgi-bin">
      SSLOptions +StdEnvVars
  </Directory>
  SetEnvIf User-Agent ".*MSIE.*" \
           nokeepalive ssl-unclean-shutdown \
           downgrade-1.0 force-response-1.0
  CustomLog /var/log/apache2/ssl_request_log ssl_combined
</VirtualHost>

</IfDefine>
</IfDefine>

SSL を使うために、mod_ssl をロードします。他のアプリとも連携することを想定して、mod_proxy や proxy_ajp なども一緒にロードしておきます。また、SSL を使うということで、APACHE_SERVER_FLAGS の変数に SSL を指定しておきます。これを指定しないと、Apache 起動時に SSL は起動しません。
(startssl ではなく、start の引数で起動されてしまう)

$ vi /etc/sysconfig/apache2

[APACHE_MODULES]
ssl proxy proxy_ajp

[APACHE_SERVER_FLAGS]
SSL

これで、SSL の通信が確認できるハズです。次回は、Tomcat と連携させてみたいと思います。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する