Linux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

Linux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

ApacheLinux(OpenSUSE)のApache2.2でSSL対応

今回は、Linux サーバの Apache を SSL 対応にします。一般的(一般的ってなんだろ)なディストリビューションでは、ソースから OpenSSL をビルドして、Apache に組み込んでから、Apache をインストールという流れになります。

パッケージなどが用意されているディストリビューションでは、簡単に対応できるものもあるようです。今回使う、OpenSUSE Linux もパッケージが簡単に導入できます。しかし、逆に設定ファイルの構成が見慣れない・・・。そこで、設定ファイル中心にまとめてみました。

SSL で通信を暗号化するには、サーバ用の証明書とサーバ用の秘密鍵が必要になります。
(ここでは、それぞれ test.crt, test.key とします)

ちょっとしたテストや、一部の LAN 内での利用であれば、無理して購入する必要はなく、オレオレ証明書で代用できます。本稼動前のサービスなどでは、テストでも決してオススメできないですが。ということで、オレオレ証明書や秘密鍵の作成方法については他のサイトにたくさんやり方が書いてあるので参考にして下さい。
(ここは省きます)

mod_ssl がない場合は、パッケージ管理(YaST)などから入れておいて下さい。YaST はコマンドラインからは使いにくいと聞きますが、その場合は、yum や apt なのでしょうか。/etc/apache2/vhosts.d 配下にあるテンプレートを元に、SSL の基本設定をします。

$ vi /etc/apache2/vhosts.d/vhost-ssl.conf 

<IfDefine SSL>
<IfDefine !NOSSL>

<VirtualHost _default_:443>
  DocumentRoot "/home/www"
  ServerName localhost
  ErrorLog /var/log/apache2/ssl.err
  TransferLog /var/log/apache2/ssl.acc

  SSLEngine on
  SSLCipherSuite ALL:!ADH:!EXPORT56:RC4+RSA:+HIGH:+MEDIUM:+LOW:+SSLv2:+EXP:+eNULL
  SSLCertificateFile /etc/apache2/ssl.crt/test.crt
  SSLCertificateKeyFile /etc/apache2/ssl.key/test.key

  <Files ~ "\.(cgi|shtml|phtml|php3?)$">
      SSLOptions +StdEnvVars
  </Files>
  <Directory "/srv/www/cgi-bin">
      SSLOptions +StdEnvVars
  </Directory>
  SetEnvIf User-Agent ".*MSIE.*" \
           nokeepalive ssl-unclean-shutdown \
           downgrade-1.0 force-response-1.0
  CustomLog /var/log/apache2/ssl_request_log ssl_combined
</VirtualHost>

</IfDefine>
</IfDefine>

SSL を使うために、mod_ssl をロードします。他のアプリとも連携することを想定して、mod_proxy や proxy_ajp なども一緒にロードしておきます。また、SSL を使うということで、APACHE_SERVER_FLAGS の変数に SSL を指定しておきます。これを指定しないと、Apache 起動時に SSL は起動しません。
(startssl ではなく、start の引数で起動されてしまう)

$ vi /etc/sysconfig/apache2

[APACHE_MODULES]
ssl proxy proxy_ajp

[APACHE_SERVER_FLAGS]
SSL

これで、SSL の通信が確認できるハズです。次回は、Tomcat と連携させてみたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報