データベースの論理削除と物理削除

データベースの論理削除と物理削除

記事一覧データベースの論理削除と物理削除

何気なく RSS に登録したブログを見ていたら、こんな記事を発見。

[to-R]データベースの論理削除と物理削除

物理削除は、SQL の DELETE でテーブルからデータを削除してしまうこと。論理削除はテーブルのカラムに削除フラグなるものを持って、そのフラグの値によって振る舞いを変えることです。例えばフラグが 0 の時は画面に表示して、1 の時は見せないなど。
(SQL では DELETE しないで、UPDATE でフラグの値だけ変更します)

さて、この問題ですが、仕事の内容(案件都合)や、データの重要度、データベースの種類によって設計は変わってきそう。昔、とある携帯キャリアのポータルサイトを仕事でやっていた時は、会員情報(会員テーブル)は退会時に履歴テーブルに移して、会員テーブルからは物理削除していた。

会員テーブルは参照と更新の頻度が多いので、データ量(ここではレコード数)は極力減らしたいという思いが強かったからだったと記憶している。しかし、会員の過去を追わなければならない場面もあるので、履歴テーブルに入会や退会、個人の情報も残していた。
(ログ解析のデータとしても利用していたので)

しかし、このサイト(サラトガ牧場)の各コンテンツでは、すべて論理削除を前提として設計しました。理由は大きく 2 つで、1 つは管理画面で削除処理を作るのが面倒だったから。
(更新処理はどうせ必要だし)

もう 1 つは、serial(auto_increment) を使ったテーブルは物理削除をしたくないという気分的なもの。昔、MySQL で auto_increment を使ったテーブルのレコードを削除したときに、データベースエンジンが InnoDB か MyISAM で MySQL のサービス再起動後の挙動が変わるという現象があったから。
(片方は auto_increment 値が現在の最大のものになるんだったっけな)

どちらにせよ、完全にデータを消してしまうのは怖いけど、個人情報は持ち続けたくないという難しい問題にぶち当たる。
(個人情報保護法ができてから特に意識が変わったかな)

データベースのバックアップデータや、最低限のログがサーバに残っていればデータベースからは削除してしまってもいいと思うけど、お客さんありきの仕事だと安易に決めれないですね。

私が設計する場合は、マスタデータは論理削除に対応させて、トランザクションデータは物理削除かなぁ。まあ、もちろん状況によりけりなので結論ではないのですが。っと、まとまりのない内容になってしまいましたが、日頃の何気ないこともじっくりと考えてみると難しいですね。


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する