Webサイト制作の実態

Webサイト制作の実態

記事一覧Webサイト制作の実態

すごいハテブの数だけど、今日になって見つけたので読んでみました。

[フジイユウジ::ドットネット]論点ちがうよ、web屋さんたちぃ~!!

開発者の立場で読むべきなんだろうけど、発注者として読んでみても結構面白い内容です。私の経験としては、○○万円以内でやってって感じの適当な依頼が多いのですが、逆の立場でも同じなのですね。

開発側からすると、とある機能実現のためのノウハウを持っているか持っていないかで見積もりは大きくブレそうな気がします。ノウハウがあれば数時間の作業だけど、ノウハウがないと調査から入るので数日作業になる可能性もあるなどなど。

もちろんバッファーは最初から積んでおくとは思うのですが、機能単位まで細かくしていくとそうなりますよね。実際、PHP で初めて pdf 出力させる機能があったときは、実装の可否とか工数とか悩んだもんなぁ・・・。無料のライブラリとかあるかなぁっとか。
(初めてのことだとリスクばかり考えちゃう悪い癖)

さて、そんな記事にこんな要件がありました。普通のことなんだろうけど、できてないことも多いのですよね。

(記事の一部抜粋)
Web屋さんお願いしたい10個のこと。

 1. Web製作の全体の流れについての説明を省略しない
 2. どういったときに追加コストがあるのか明確に決めておく
 3. リスクやトレードオフになっている事項を細かく洗い出しておく
 4. 見積もりの明細を超細かく説明する(←これに1日かけた方がいい)
 5. 価格に含まれていないものを細かく説明する
 6. 作業の切り分け(素材の用意はもちろん、レビューとか受け入れテストとか)について説明する
 7. 要件定義コストとドキュメント製作コストについて事前に相談する
 8. 段階的に要件をフィックスするポイントを明確にする。この説明を怠らない。
 9. フィックスしても絶対にひっくり返るのでwリソース確保の相談をしておく。
10. 嘘をつかない、キレないw、誠意をもって説明する
11. できないことは「技術的に」「コスト的に」等できない理由を明確にする

私が今までに相談された仕事の中には、Web デザインが 10 万だとするとサイト構築費はその 2 倍が上限だよねって何気なく言われたこと。えっ、個人情報の入力箇所は SSL 対応しますよね?SSL の証明書発行するだけでも数万円は必要になりますよ。ちなみにサーバがどこにあって、誰がサーバの設定するんですか?

そんな話もないまま Web デザイン費用の 2 倍って・・・。サイトの内容次第ではデザインの方が高い場合もあるだろうに。なんか勝手に Web デザインがサイト構築費より安く考えてる人が結構いるような気がするのですよね。
(私はデザインセンスが全くないので逆ですが)

お互い(というか人じゃないか?)に言えることなんだろうけど、結局はそこの記事の最後に書かれていた一文につきます。

(記事の一部抜粋)
もっとクライアントとのコミュケーションを大事にしてください。
そのコストを嫌うことによって、別のところでコスト高を生んでいるのですよ!

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する