Oracleでディレクトリの作成

Oracleでディレクトリの作成

Oracle(PL/SQL)Oracleでディレクトリの作成

前に Oracle の UTL_FILE でファイル操作をする方法は書きましたが、ファイルパスについては詳しく触れませんでした。実は Oracle では CREATE DIRECTORY を使ってディレクトリのオブジェクトを作成をすることが可能です。これによって、このディレクトリのエイリアス名を指定することで簡単にファイルパスを定義することができます。

例えば /home/recv_dir を RECV_SARATOGA という名前で使用するには、下記のように定義します。

-- ディレクトリオブジェクト作成
CREATE DIRECTORY RECV_SARATOGA AS '/home/recv_dir';

-- ディレクトリの権限
GRANT READ ON DIRECTORY RECV_SARATOGA TO user_name;

(ストアド)
-- ファイルオープン
fileHandle = UTL_FILE.FOPEN('RECV_SARATOGA', 'ファイル名', 'r');

ちなみに、ストアドでは、ディレクトリオブジェクト名を大文字で指定しないとダメなようです。また、このディレクトリの作成や現在の状態なども Object Browser(オブジェクトブラウザ)を使えば閲覧や操作も簡単にできます。

それにしても、Oracle には知らない機能がまだまだたくさんあります。MySQL や PostgreSQL の方がシンプルで使いやすく感じるなぁ。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報