ftpコマンドで使えるオプション(chmod)

ftpコマンドで使えるオプション(chmod)

記事一覧ftpコマンドで使えるオプション(chmod)

このセキュリティの厳しい時代に ftp って言うとブーイングを受けるかもしれませんが、今でも多くの場所で使われています。

私が知る限りでは、ローカルの PC で作ったプログラムを一時的にイントラネット内のサーバに乗せて動作確認する場合にその光景を見かけます。

レンタルサーバやプロバイダへのファイルアップロードも同じですね。

ただ、ftp の場合はパスワードやファイルの内容が平文で通信経路を流れるので tcpdump などでパケットを除けば見れてしまいます。

セキュアにしようと思えば、ftp は scp や rsync へ、telnet は ssh へとするのが一般的なのでしょうか。
(もちろん鍵認証ですが)


目次

アップロード・ダウンロード

さて、冒頭で今でも ftp は多くの場所で使われているという話をしたのでコマンドラインで使用する場合の ftp のオプションをいくつかまとめておきたいと思います。

GUI が使える環境なら FFFTP が多く使われているのでしょうか。

コマンドラインの ftp は、サーバとのコネクションの確立から始まり、ファイルのやりとり、コネクションの切断という流れになり、GUI の操作と何も変わりません。

FFFTP でも画面の下にはコンソール画面もどきがあり、ここにコマンドが表示されていると思います。

最低限、以下のコマンドを覚えておけば問題ないと思います。

# コネクションの確立
$ ftp 172.16.1.1
  ↓認証(USERNAME/PASSWORD)
ftp>

※下記でも代用可能

$ ftp
open 172.16.1.1
user USERNAME PASSWORD

# サーバ側のディレクトリ移動
ftp> cd /home/saratoga

# サーバへファイルをアップロード
ftp> put saratoga.txt

# ローカル側のディレクトリ移動
ftp> lcd /usr/local/saratoga

# クライアントにファイルをダウンロード
ftp> get saratoga.txt

# 他のサブコマンドを確認する
ftp> subcommand help

権限の変更(パーミッション)

多くの場合は上記のコマンドでファイルのやり取りは十分ですが、ファイルのアップロード後にパーミッションを変更したい場合もあります。

実は ftp でも権限の変更は可能ですが、これはサーバ側の設定次第になります。

権限の変更は Linux や UNIX でおなじみの chmod を使いますが、このままでは使えないので、quote や site コマンドを利用します。

# 権限の変更
ftp> quote site chmod 644 saratoga.txt

# quoteは省略が可能
ftp> site chmod 644 saratoga.txt

# quoteコマンドで利用可能なコマンド一覧を確認する
# (アスタリスクの付いているコマンドは利用不可)
# ここに site コマンドがあります
ftp> quote help

214- The following commands are recognized (* =>'s unimplemented).
   USER    PORT    TYPE    MLFL*   MRCP*   DELE    SYST    RMD     STOU 
   PASS    LPRT    STRU    MAIL*   ALLO    CWD     STAT    XRMD    SIZE 
   ACCT*   EPRT    MODE    MSND*   REST    XCWD    HELP    PWD     MDTM 
   SMNT*   PASV    RETR    MSOM*   RNFR    LIST    NOOP    XPWD 
   REIN*   LPSV    STOR    MSAM*   RNTO    NLST    MKD     CDUP 
   QUIT    EPSV    APPE    MRSQ*   ABOR    SITE    XMKD    XCUP

# siteコマンドで利用可能なコマンド一覧を確認する
# (アスタリスクの付いているコマンドは利用不可)
# ここに chmod コマンドがあります
ftp> site help
214- The following SITE commands are recognized (* =>'s unimplemented).
   MD5     UMASK   IDLE    CHMOD   HELP

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する