某アフィリエイトサイトのサービス登録で断念

某アフィリエイトサイトのサービス登録で断念

記事一覧某アフィリエイトサイトのサービス登録で断念

アフィリエイトの大手サイトでモバイル版のサービスが開始されました。最近、EC サイトや会員登録制サイトの会員情報の登録について、どのようなユーザーインタフェースだったら、入力段階でユーザーを取りこぼしにくいかを考えていたので参考にしました。

入力箇所が多くて面倒だったり、郵便番号がわからないと入力を止めてしまう人も多いとよく聞きます。最新のサイトなので期待が持てそうですが、会員登録画面を見てビックリ。説明が少ない・・・。

アフィリエイトをやる人(アフィリエイター)は、ある程度インターネットには慣れているから簡易版なのでしょうか?まあ、チェックし過ぎも問題なのかもしれませんが、インターネットや PC に詳しくない人向けにはどこまでサポートしてあげるのがいいのでしょうね。

郵便番号から住所検索(Ajaxなりサブウインドなり)できるサイトは、ここ数年で一気に増えた気がしますが、他にも入力間違い系に気を使っているサイトは多いと思います。話がまとまらなくなってきましたが、ユーザーインタフェースを見習うべきサイトがあれば教えて下さい。

とりあえず、今回のサイトで気になったところ。まあ、変な値を入れても入力した人が困るだけですが・・・。

 (1)項目名にオレンジのチェックマークが付いている項目が
    ありますが、特に必須項目らしい説明はありません。
    (これはほとんどの人がわかるか)

 (2)入力エラーのメッセージがわかりにくい。
    形式の説明もないくせに、形式が違いますとか・・・。

 (3)「希望パスワードがマッチしません」だけの説明だと
    2 箇所の入力欄の一致のことなのか、パスワードの規則性の
    一致なのかわかりにくい部分もあります。

 (4)メールアドレスの規則性チェックは、どこまで厳密に見るかですが、
    「Web屋のネタ帳」でよく話題になっているところは意識されていません。
    メルマガや提携先からのメールが届かないとかなるのでしょうか?
    (一般的なメアドチェック用の正規表現ってないのかな)

 (5)郵便番号がハイフン付きで入力するのかどうかがわからない。
    8 文字まで入力できるのでハイフン付きなのでしょう。
    サーバからのエラーメッセージが返ってきた段階でわかります。
    (郵便番号の形式が不正ですっていうメッセージですが)

 (6)市区町村の次の項目名が「住所」って・・・。
    (これもほとんどの人がわかるからいいか)

 (7)フリガナが半角英字でも登録できそう。
    (確認画面までは遷移できた)

 (8)携帯メールアドレスは PC のものでも登録できる。

 (9)振込先銀行は、銀行選択画面まで行かないと使える銀行がわからない。
    対象金融機関の口座がない人はここまで入力して断念するしかない。
    規約にも書いてないし。ここは事前説明があった方が・・・。
    (6個くらいしか選択できる金融機関がないです)

(10)電話番号は 00 だと OK で 0 だと入力エラーとなる。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する