SoftBankのキャリア側のホストの挙動

SoftBankのキャリア側のホストの挙動

ネットワークSoftBankのキャリア側のホストの挙動

いつから発生していたのかわかりませんが、SoftBank の携帯電話から自分のモバイルサイトに接続すると画面が真っ白に。Apache のアクセスログを見てみると、ステータス 200 でレスポンスは返しているようです。

サイトが表示される場合もあるので、サイト側のエラーとは考えにくいのですが、画面が白くなるのは自分のサイトだけ。Apache のログから異なる部分を探してみると、通信元ホスト(ソースアドレス)で切り分けができました。

通信元ホスト(この場合はキャリア側のサーバ)が w21.jp-k.ne.jp や w22.jp-k.ne.jp の場合に現象が発生しています。wtl7sgky52.jp-k.ne.jp がホストの場合は問題なく通信ができています。

さらに深く追ってみると、Apache のリクエストは同じ HTTP ですが、 HTTP1.0 と HTTP1.1 が混在しているようです。また、レスポンスのバイト数も若干違うようですね。

[画面が白くなるパターン]
w21.jp-k.ne.jp - - [24/Oct/2008:23:03:41 +0900] "GET / HTTP/1.1" 200 2931

[表示されるパターン]
wtl7sgky52.jp-k.ne.jp - - [24/Oct/2008:23:06:59 +0900] "GET / HTTP/1.0" 200 2919

もう少し調べてみよっと。ちなみに、サーバはさくらの共有サーバで、アプリケーションのバージョンは下記の通り。多分、もっと下の層が原因っぽいけど。

FreeBSD 6.1-RELEASE-p23
PHP 5.2.6
Apache 1.3.39

SoftBank の開発者向けサイトも変更になっていますね。
Mobile Creation

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報