Smartyで配列の要素数を使用する

Smartyで配列の要素数を使用する

PHPSmartyで配列の要素数を使用する

Smarty 上で配列や連想配列の中身をループさせて使う機会は多いのですが、いざループを通さずに制御したい場合にどうしようかと考えました。スクリプト内では count() 関数を利用することが多いと思うのですが、Smarty の標準関数にないかと調べたところ、@count で配列の要素数を算出することが可能のようです。

// 要素数の表示
{assign var="num" value=$arrList@count}
{$num}

// 分岐で使用する場合
{if $arrList@count > 0}

{/if}

ビュー側を表示する前にスクリプトで制御しておけばいいのですが、Smarty は想像以上に小回りがききます。最近はフレームワークも多くて Smarty が使われる機会も減っているのでしょうか?開発現場とかどうなんだろ。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報