FSWiki3.6.3をインストールする

FSWiki3.6.3をインストールする

Web全般FSWiki3.6.3をインストールする

Wiki はいつも Pukiwiki を使うのですが、Perl(cgi)の動作するサーバしかなかったので、新たに PHP を入れるのもどうかなって思って久しぶりに FSWiki を入れてみました。ちょうど、公式サイトで最新版が出たばかりだったので、タイミングが良かったかもしれません。最新版は FSWiki3.6.3 です。

FreeStyleWiki

前提条件として、サーバは Linux と apache の構成とします。ファイルの所有者とグループは apache とします。まずは、公式サイトから zip ファイルをダウンロードしてサーバの /usr/local/src に配備しておきます。一般ユーザーは仮に saratoga としておきます。

(saratoga)
$ su -

(root)
$ cd /usr/local/src
$ cp /home/saratoga/wiki3_6_3.zip ./
$ unzip -q wiki3_6_3.zip

# 名前を変えて移動
$ mv wiki3_6_3 wiki
$ mv wiki /var/www/

Wiki のルートディレクトリはバージョン付きのディレクトリ名にしておいて、シンボリックリンクを貼るのが今後の為に良さそうですが、今回はバージョン番号は消しておきます。また、zip が Windows を考慮していたのか、私の Windows 環境のせいなのかわかりませんが、改行コードが CRLF になっていたので、dos2unix コマンドで変換しておきます。

$ cd /var/www/wiki
$ chmod 744 setup.sh
$ dos2unix setup.sh

# FSWikiのセットアップ(権限設定など)
$ ./setup.sh

$ chown -R apache *
$ chgrp -R apache *
$ dos2unix *.cgi

apache のドキュメントルートは別用途で使用しているので、今回はエイリアスを使って /var/www/wiki を wiki という名前でアクセスさせます。VirtualHost を使うとアクセスログも分けれて便利ですが。念の為、apache の設定ファイルはバックアップしておいて編集します。

$ cp -p /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bak
$ vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

(httpd.conf の一部)
Alias /wiki/ "/var/www/wiki/"

<Directory "/var/www/wiki">
    Options ExecCGI FollowSymLinks Includes
    AllowOverride All
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>

$ apachectl -t
$ apachectl restart

apache を再起動したら http://[ドメイン]/wiki/wiki.cgi にアクセスします。Wiki の FrontPage(フロントページ)が表示されれば成功です。wiki の細かい設定は管理画面からできますので、ログイン(初期の認証は admin/admin)して調整して下さい。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報