PHPでYahoo関連検索ワードのWebAPIを使う

PHPでYahoo関連検索ワードのWebAPIを使う

WebAPIPHPでYahoo関連検索ワードのWebAPIを使う

最近の検索エンジン(YahooやGoogle)の検索結果には、検索キーワードに関連する検索ワードが表示されます。検索窓付近に 4 つほど、ページ下部に 10 個前後表示され、検索が多い関連ワードをアシストしてくれます。

では、関連検索ワードはどのくらい保持されているのかというと、ワード(単語)によってもバラバラですが、多いものだと 100 個以上は検索エンジン側で結果として持っているようです。Yahoo の場合は、Yahoo デベロッパーネットワークの関連検索ワード Web API を利用すると確認ができます。

Yahoo デベロッパーネットワーク(関連検索ワード)

Yahoo デベロッパーネットワークの開発用の ID は以前取得していたので、関連検索ワードを取得する簡易検索窓を作成してみました。特定キーワードの関連検索ワードが最大 100 個まで確認できます。簡易検索用に作ってみましたので、関連キーワードを探すときに Google Adwors や Overture のツールが面倒な場合に使えます。

Yahoo関連検索ワード

Yahoo デベロッパーネットワークの WebAPI に接続する部分のソースだけ簡略化して抜粋したので公開しておきます。スクリプト言語でちゃちゃっと作ってしまう場合は似たようなソースになるでしょうか。入力されたキーワードの特殊文字の対応(htmlspecialchars)やトリム(trim)は、必要に応じて入れて下さい。

$apiId = "Yahooデベロッパーで取得したアプリケーションID";
$apiResult = "100";
$query = "MySQL";

$apiUrl = "http://search.yahooapis.jp/AssistSearchService/V1/webunitSearch?appid=" . $apiId . "&results=" . $apiResult;

if (!empty($_REQUEST['q'])) {
    $query = htmlspecialchars(trim($_REQUEST['q']));
}

// API
$apiUrl .= "&query=" . urlencode($query);
$xml = simplexml_load_file($apiUrl);
$resultWord = $xml->Result;

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報