Perlで配列の最後に値を追加する

Perlで配列の最後に値を追加する

PerlPerlで配列の最後に値を追加する

Perl で配列を扱う際に、配列の最後に値(この場合は要素)を追加したくなる場面があります。どの言語にも配列操作の関数(メソッド)はたくさん用意されていて、Perl にもそのような機能があります。Perl で配列の最後に要素を追加する場合は push 関数を使用します。push 関数の引数は 2 つあり、1 つ目は値を追加する配列、2 つ目は実際に配列に入れる値です。

#!/usr/bin/perl

@saratoga = ();

push(@saratoga, "AAA");
push(@saratoga, "BBB");
push(@saratoga, "CCC");

for ($i = 0; $i <= $#saratoga; $i++) {
    print "$saratoga[$i]\n";
}

exit;
$ ./saratoga.pl

AAA
BBB
CCC

配列は基本的な部分ですが、言語によって定義の仕方が少し違うので時々調べ直す時があります。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報