楽天API(商品検索)のPHP5サンプル

楽天API(商品検索)のPHP5サンプル

WebAPI楽天API(商品検索)のPHP5サンプル

楽天 API の PHP サンプルを作成してみました。API のデータ取得部分はクラス化して、インスタンスから REST の通信と取得データの取り出しができるようにしました。private など スコープ を利用しているので、PHP4 の場合は、private を var に置き換えて getXXX() の関数はなくしてしまえばいいかな。コンストラクタも使えないですね。

まずは、クラスです。まずはシンプルに、レスポンスのステータスとステータスメッセージ、該当商品数と商品データ一覧のみを扱うようにしました。XML の名前空間を少し調整すれば、simplexml_load_file() で取得しても手間になりません。仕様とはいえ面倒ですが。

<?php

  class Rakuten {

    private $cnt;
    private $arrItem;

    function __construct($apiUrl) {
      $this->cnt = 0;
      $this->arrItem = array();
      $this->apiUrl = $apiUrl;
    }

    function requestRest() {
      // REST
      $xml = @simplexml_load_file($this->apiUrl);

      if (!empty($xml)) {
        $itemBody = $xml->Body->children("http://api.rakuten.co.jp/rws/rest/ItemSearch/2009-04-15");
        $this->cnt = $itemBody->ItemSearch->children()->count;

        if ($this->cnt > 0) {
          $items = $itemBody->ItemSearch->children()->Items->Item;

          foreach ($items as $item) {
            $tmpItem = array();
            // 全部欲しい場合はキーでループさせて下さい
            $tmpItem["itemName"] = (string)$item->itemName;
            $tmpItem["itemPrice"] = (string)$item->itemPrice;
            $tmpItem["itemCaption"] = (string)$item->itemCaption;
            $tmpItem["affiliateUrl"] = (string)$item->affiliateUrl;
            $tmpItem["mediumImageUrl"] = (string)$item->mediumImageUrl;
            $tmpItem["shopName"] = (string)$item->shopName;
            array_push($this->arrItem, $tmpItem);
          }
        }
      }
    }

    function getCount() {
      return $this->cnt;
    }

    function getItems() {
      return $this->arrItem;
    }
  }
?>

次に呼び出し側に該当する部分です。REST のクエリパラメータは、商品件数や並び順など必要なものを自由に追記して下さい。私の使用している実際のソースはデータキャッシュしたりしているので、該当部分だけピックアップします。Rakuten クラスを使ってデータ取得しているだけです。今後、商品検索については、API のリクエスト URL を変えるだけで目的のデータが取得できるようになります。

<?php

// リクエストデータ
$devId = "楽天APIのデベロッパーID";
$afId = "楽天のアフィリエイトID";
$keyword = "サラトガ";

// REST用のURL作成
$apiUrl = "http://api.rakuten.co.jp/rws/2.0/rest?developerId=" . $devId . "&affiliateId=" . $afId . "&operation=ItemSearch&version=2009-04-15&keyword=" . urlencode($keyword) . "&sort=-updateTimestamp&hits=10";

// API
$objRakuten = new Rakuten($apiUrl);
$objRakuten->requestRest();

// 取得件数を判定してデータ取得
if ($objRakuten->getCount() > 0) {
  $dataList = $objRakuten->getItems();
}

// 表示処理
// エスケープは必要に応じてやって下さい

exit();
?>

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報