coLinuxでFedoraCore5を動かす(1)

coLinuxでFedoraCore5を動かす(1)

Linux(FreeBSD)coLinuxでFedoraCore5を動かす(1)

Windows 環境に Linux の環境を導入。cygwin ではなく、そのまま Linux 環境を入れるのが今回の目的です。そこで、何年か前から話題になってる coLinux を試してみることにしました。

[coLinux]
http://sourceforge.net/projects/colinux/

まずは、coLinux のプログラムをダウンロードします。最新版は coLinux-0.6.4.exe です。また、update 用のモジュールもダウンロードしておきます。
colinux-0.6.4-20060912-update.zip

今回は FedoraCore5 のイメージが用意されていたので、それも一緒にダウンロードします。7-Zip で圧縮されているので 7z442.exe などで解凍します。
FedoraCore5-2006.8-ext3-2gb.7z

ファイルの準備ができたのでインストール作業に入ります。まず、coLinux-0.6.4.exe で coLinux をインストールします。インストール時に選択するモジュールは coLinux と TAP-Win32。

標準でインストールすると、C:\Program Files\coLinux 以下に配備されるので、ここに update 用のモジュールを解凍してできたファイルを上書きコピーしておきます。

さて、続いて、FedoraCore5 のインストールです。7-Zip ファイルの解凍をすると、Fedora5-2gb.ext3 と fedora5-start.bat の 2 つのファイルができます。これらを、C:\Program Files\coLinux 以下にコピーします。

いよいよ起動です。C:\Program Files\coLinux 以下にコピーした、fedora5-start.bat をダブルクリックして起動します。サービス起動時に、udev と swap が FAILED になりましたが、とりあえず、root でログインできました。

続きは次回で

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報