USBメモリのウイルス(ワーム)対策

USBメモリのウイルス(ワーム)対策

セキュリティUSBメモリのウイルス(ワーム)対策

USB メモリによるウイルス(ワーム)が広まっていますが、ずっとこの問題を放置していて、どういった経緯で感染するのだとか、そもそもなぜ USB メモリにウイルス(ワーム)が入っちゃうのかなんとなく疑問を持っていました。

ようやく少し調べてみたのですが、自動実行用のファイル(autorun.inf)とウイルス(ワーム)が含まれている USB メモリをパソコンに差すと、USB メモリが自動実行された際にウイルス(ワーム)をパソコン内(ハードディスク)にコピーしてしまうということでした。

また、感染したパソコンに外付けハードディスクや USB メモリを差すと、それらのデバイスに autorun.inf やウイルス(ワーム)がコピーされ、USB メモリを複数人で使い回すと、あっという間に広まっていきます。

このウイルス(ワーム)単体の動きとしては、USB メモリなどの外部デバイスだけでなく、同一ネットワーク内(LAN)の他のパソコンへの感染や、インターネットにアクセスして別のウイルスをダウンロードさせたりします。

対策としては下記が一般的なようです。

・怪しい USB メモリは使用しない
・怪しいパソコンに USB メモリを差さない
・マイコンピュータではなくエクスプローラーから USB メモリを操作する
・WindowsVista の場合は自動実行の設定を切る
・あらかじめ USB メモリに autorun.inf ファイルを作成しておく

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報