オープンソースカンファレンス(OSC)2009関西

オープンソースカンファレンス(OSC)2009関西

イベントオープンソースカンファレンス(OSC)2009関西

オープンソースカンファレンスに行ってきました。関西は京都で開催ということで、少し遠出でしたが参加してきました。大阪の梅田周辺で開催してもらいたいものです。

OSC2009関西

今回の目的は、Flash 作成オープンソースソフトウェアの OpenLaszlo(オープンラズロ)です。Adobe の Flash を買うほど金銭的な余裕はないので、こういったフリーのソフトウェアがあると助かります。スライドショーが作れるようになりたいですね。

この OpenLaszlo は、XML のデータ定義を OpenLaszlo でコンパイルすると Flash と DHTML に変換してくれるというもの。OpenLaszlo 自体は JavaServlet なので、Tomcat などのアプリケーションサーバが必要です。ローカルにでも構築してみます。

OpenLaszlo Japan

次に、EC-CUBE の設計思想についてのセミナーに参加しました。ここでは、EC-CUBE2.0 系のソースを見ている人はわかる内容ですが、ソースレベルではなく、どういった思いで EC-CUBE2.0 を作ったかというお話です。

自動アップデートの対応を意識した部分が強いみたいなので、基底クラスを継承するパターンが多く使われているようですね。その他にも、フレームワークの話や、3.0 に向けてやりたいこと(講演者が)などが熱く語られていました。

EC-CUBE

ブースコーナーでは、野村総研の OpenStandia を紹介されました。シングルサインオンは大手企業が興味のある話題だとは思うのですが、小さい会社にはあまり縁のない話だと思います。ちょうど 1 年くらい前に、大手の基幹システムの権限管理を構築したので、その時に知ってたらもう少し注目したかもしれません。

OpenStandia

ブースコーナーで面白そうだったのは OpenSlide です。たまたま声を掛けられたので話を聞いてみたのですが、これはパワーポイントや PDF の形式のファイルをアップロードすると Flash(swf)に自動変換してくれて、ブラウザ上でスライドショーが楽しめるというものです。

Flash に変換した際の見栄えがどのくらいのものなのか気になりますが、資料の共有手段としては面白いです。パワーポイントがなくて、パワーポイントビューアを使っている私としては、ブラウザ上で見れた方が楽です。

Perl ベースの CGI で動作するということなので、すぐにサーバに乗せて確認できそうです。これは動作確認して別途レポートしてみたいと思います。良さそうなら業務でも利用してみます。

OpenSlide

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報