WindowsOSとIISのバージョン一覧

WindowsOSとIISのバージョン一覧

記事一覧WindowsOSとIISのバージョン一覧

IIS のバージョンによる調査をしようとして、WindowsOS によって使用できる IIS のバージョンが異なることに気付きました。そもそも、WindowsServer では IIS を利用したことがあるのですが、XP や Vista で Web サーバを立ち上げようなんて思ったこともありませんでした。ローカルで開発する際にはいいのかもしれませんが。

さて、そんな IIS ですが、WindowsServer2003 からは IIS6.0 が登場し、最新のバージョンは IIS7.5 です。今回の調査では IIS5.1 に問題がありそうだったので、別の環境にて IIS6.0 以上で動作チェックをしてみました。

困ったことに、バージョンによって IIS の管理マネージャーの GUI や操作が大きく異なるので、調査に入る前にこの辺の設定で苦労しました。IIS6.0 以上からは、新規で仮想ディレクトリを作成した後にアプリケーションとして認識させないとダメなのですね。IIS6.0 では仮想ディレクトリのプロパティ画面から、IIS7.0 では仮想ディレクトリを右クリックしたメニューからアプリケーションのコンバートができました。

http や https のプロトコルに関しても、IIS5.1 や IIS6.0 では既存の Web サイトの設定で一括で管理されていましたが、IIS7.0 ではプロトコル単位でバインドしていく形式になっていました。バージョン別に見ると厄介そうですが、IIS7.0 から触る人にとっては、以前のバージョンに比べると使いやすくなっている気がします。

下記は WindowsOS ごとの IIS のバージョン。備忘録に。

Windows2000           | IIS5.0
WindowsXP(32bit)      | IIS5.1
WindowsXP(64bit)      | IIS6.0
WindowsServer2003     | IIS6.0
WindowsVista          | IIS7.0
WindowsServer2008     | IIS7.0
WindowsServer2008(R2) | IIS7.5
Windows7              | IIS7.5

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する