MonoでSystem.Diagnostics.Stopwatchを使う

MonoでSystem.Diagnostics.Stopwatchを使う

MonoMonoでSystem.Diagnostics.Stopwatchを使う

VisualStadio(C#)で、System.Diagnostics.Stopwatch を使って処理時間を計測するプログラムを作成してみた。Windows の .NET Framework では動作したので、そのまま Linux の Mono 環境でも動作確認。通常、VS でビルドされた exe がそのまま Mono でも実行できるのですが、Stopwatch と別の箇所で想定した数値が計測できなかったので、試しに Linux(Mono)上でコンパイルしてみる。

Mono のバージョンは 2.6 系ですが、コンパイルには成功するものの実行時にエラーとなってしまいました。

$ mcs test.cs

test.cs(58,9): error CS0246: The type or namespace name `Stopwatch' could not be found.
Are you missing a using directive or an assembly reference?
Compilation failed: 1 error(s), 0 warnings

これは、間違って mcs コマンドでコンパイルしたため 1.1 のプロファイルが使われてしまったようです。2.0 の場合は gmcs コマンドを使わないといけないですね。他にも 2.1 の smcs、4.0 の dmcs(Mono2.6からサポート)があります。

$ gmcs test.cs

$ mono test.exe

Time:460(ms)

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報