EC-CUBE2.4.4をさくらのレンタルサーバへインストールする

EC-CUBE2.4.4をさくらのレンタルサーバへインストールする

EC-CUBEEC-CUBE2.4.4をさくらのレンタルサーバへインストールする

さくらインターネットのスタンダードプランで契約したレンタルサーバに、EC-CUBE の最新版である 2.4.4 をインストールしてみる。2.0 が出た時以来のインストールですが、同じ 2 系なので変わらないですね。さくらのマネージドサーバと違って MySQL の InnoDB が使えないので、その辺がトランザクション周りにどう影響するのか試したことがないですが、果たして・・・。

まずは、ssh でサーバへ接続して下準備をします。/home 直下のアカウント ID の部分は USERNAME で置き換えています。EC-CUBE の tar をダウンロードして解凍して、あとはファイルを配備していきます。今回は、さくらから初期ドメインとして与えられる、「USERNAME.sakura.ne.jp」を使います。実際には独自ドメインを使って SSL のサーバ証明書を取得してやりますが、初期ドメインは共有 SSL がそのままの URL(プロトコルだけhttpsにしたもの)で利用できるので確認にはピッタリです。

そもそも、他のアカウントと相乗りしているレンタルサーバ上で個人情報を扱うのはどうかって思いますが、今回は動作検証に限定したお話なので、その辺りには触れないでおきます。実際、LAN 内に閉じた環境で社内決済処理だけに使われるニーズもあるので、第三者の個人情報を扱わないケースもありますが。

ドメイン:USERNAME.sakura.ne.jp (http://USERNAME.sakura.ne.jp/)
共有SSL:利用する (https://USERNAME.sakura.ne.jp/)

[PHPの設定]
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE
magic_quotes_gpc = Off
register_globals = Off
language = "Japanese"
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.language = Japanese
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = UTF-8
mbstring.encoding_translation = On
display_errors = Off
log_errors = On
error_log="/home/[USERNAME]/php_errors.log"

では、実際にファイル配備までの手順です。

$ cd /home/[USERNAME]

$ mkdir tmp

$ cd tmp

$ wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-2.4.4.tar.gz

$ tar xpvfz eccube-2.4.4.tar.gz

$ cd /home/[USERNAME]/www

$ cp -rp /home/[USERNAME]/tmp/eccube-2.4.4/html/* ./

$ cd /home/[USERNAME]

$ cp -rp /home/[USERNAME]/tmp/eccube-2.4.4/data ./

これで、インストールの開始ができるようになりますが、さくらインターネットの環境に合わせる為に少し調整します。まずは、DB(データベース)の接続に使うクラスの調整。mysql_set_charset の行を追加します。

$ vi /home/[USERNAME]/data/class/SC_DbConn.php

function SC_DbConn($dsn = "", $err_disp = true, $new = false) {

  (省略)

  if($dsn != "") {
    (省略)
  } else {
    (省略)
  }

  (追加)
  mysql_set_charset("utf8");

  (省略)
}

次に、DB(データベース)のテーブル作成の CREATE 文を調整します。my.cnf が触れたら楽なんだろうけど。

$ cd /home/[USERNAME]/www/install/sql

$ cp -p create_table_mysql.sql create_table_mysql.sql.bak

$ sed -e 's/TYPE=InnoDB/TYPE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8/g' create_table_mysql.sql.bak > create_table_mysql.sql

これで、インストール画面にアクセスします。インストール後、管理画面の動作やサイト上で買い物チェックをして完了です。

http://USERNAME.sakura.ne.jp/install/

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報