Ubuntuのコンソールで日本語の文字化け対策

Ubuntuのコンソールで日本語の文字化け対策

UbuntuUbuntuのコンソールで日本語の文字化け対策

Ubuntu 10.04(LTS Server)は CUI の環境のみの提供なので、インストール後はコンソール画面を操作することになります。ネットワークの設定はインストール時にしているので、ifconfig で確認してみたところ、出力された内容の一部が文字化けしています。インストール時に日本語設定にしたのが原因でしょうか。

Ubuntu は UTF-8 なので、出力の文字コードを変更すれば対応できそうですが、CUI の日本語には慣れていないので英語にした方がわかりやすいです。jfbterm を入れると、日本語出力も可能になりそうですが、コンソール上に日本語っていうのも違和感がありますしね。Cygwin から ssh などでリモート接続すると文字化けせずに日本語出力されるけど、英語がいいので英語表示にしてしまいます。

解決策としては、.bashrc で LANG=C を明示的に指定してあげます。最後の行で問題ないです。編集後、ログアウトして再度ログインするか、source コマンドでファイルを再読み込みすると反映されます。

$ vi .bashrc

export LANG=C

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報