Ubuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

Ubuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

記事一覧Ubuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

Ubuntu Desktop は、OS のインストール機能の他に CD のみで Ubuntu が使用できる Live CD 機能を持っています。以前は、CD から起動できる Linux ディストリビューションとして Knoppix が有名でしたが、Ubuntu はさらに、そこからインストール作業もできます。Ubuntu Server のイメージファイル(iso)はセットアップ専用でライブ機能はありませんが、両者とも CD だけでなく USB メモリにイメージを持たせられるのが特長です。

Ubuntu のサイトでは、Ubuntu のディスクイメージを CD-ROM または USB メモリにセットアップする方法が公開されていて、ツール類も一緒に紹介されています。通常、Linux のディストリビューションは iso ファイルで提供され、CD や DVD のメディアに焼くなりして使用することが多いですが、USB メモリが大容量で安価になってきたことで活躍する場面が増えました。また、イメージを USB メモリに入れるだけでなく、インストール先を USB メモリにすることも一般的になってきました。OS が USB メモリ 1 本で持ち歩けるのは便利ですね。

Ubuntu
Ubuntu Japanese Team

今回は、Ubuntu10.04 Server のイメージを使って、USB メモリにインストールしたいと思います。また、データ量が増えそうな部分はノート PC 内臓の HDD を活用したいと思います。ただし、一部のデータを USB メモリではなく、ノート PC の HDD を利用する場合は、HDD が壊れた場合を想定しておく必要があります。

まず、Ubuntu Server のイメージをダウンロードして CD に焼きます。また、8GB の USB メモリを用意してインストールを開始します。USB メモリは 4GB あればとりあえずインストールには困りませんが、少しでも余裕があると良さそうです。とにかく値段も安いですしね・・・。なお、インストールには USB の外付け CD-ROM を使用するので、BIOS が USB ブートに対応している必要があります。

CD から Ubuntu Server を起動すると言語選択の画面になります。ここで「日本語」を選択すると、インストールメニューが日本語化されますので、「Ubuntu サーバのインストール」を選択します。その後、キーボードやホスト名、ネットワークの設定を進めていきます。トグルの設定については詳しく調べていないのですが、デフォルトのままで問題なさそうです。

パーティションの設定では、LVM(Logical Volume Manager)が推奨されているようですが、今回は手動でパーティションを設定します。8GB の USB メモリなので、7GB を / に、残り 1GB を swap にします。また、ノート PC の HDD を /home として別パーティションにします。

[インストール時のデバイス状態]
HDD(/dev/sda)
USB(/dev/sdb)

[パーティションの構成]
/dev/sda1  /home
/dev/sdb1  /
/dev/sdb2  swap

後は、各パーティションを初期化してセットアップを進めます。Ubuntu ではインストール時に、サーバの用途に合わせて各ソフトウェアを一緒にセットアップすることができます。詳細にインストールするソフトウェアを選択することもできますが、今回はあらかじめ用意された、「LAMP server」「OpenSSH server」をインストールします。

最後に GRUB をインストールしてセットアップが終了となります。これで、USB メモリから Ubuntu が起動すれば成功です。次回は、初期設定や他のソフトウェア、パーティション構成の仕組みなど、いろいろ見ていきたいと思います。


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する