Ubuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

Ubuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

UbuntuUbuntu10.04(LTS Server)をUSBメモリにインストール

Ubuntu Desktop は、OS のインストール機能の他に CD のみで Ubuntu が使用できる Live CD 機能を持っています。以前は、CD から起動できる Linux ディストリビューションとして Knoppix が有名でしたが、Ubuntu はさらに、そこからインストール作業もできます。Ubuntu Server のイメージファイル(iso)はセットアップ専用でライブ機能はありませんが、両者とも CD だけでなく USB メモリにイメージを持たせられるのが特長です。

Ubuntu のサイトでは、Ubuntu のディスクイメージを CD-ROM または USB メモリにセットアップする方法が公開されていて、ツール類も一緒に紹介されています。通常、Linux のディストリビューションは iso ファイルで提供され、CD や DVD のメディアに焼くなりして使用することが多いですが、USB メモリが大容量で安価になってきたことで活躍する場面が増えました。また、イメージを USB メモリに入れるだけでなく、インストール先を USB メモリにすることも一般的になってきました。OS が USB メモリ 1 本で持ち歩けるのは便利ですね。

Ubuntu
Ubuntu Japanese Team

今回は、Ubuntu10.04 Server のイメージを使って、USB メモリにインストールしたいと思います。また、データ量が増えそうな部分はノート PC 内臓の HDD を活用したいと思います。ただし、一部のデータを USB メモリではなく、ノート PC の HDD を利用する場合は、HDD が壊れた場合を想定しておく必要があります。

まず、Ubuntu Server のイメージをダウンロードして CD に焼きます。また、8GB の USB メモリを用意してインストールを開始します。USB メモリは 4GB あればとりあえずインストールには困りませんが、少しでも余裕があると良さそうです。とにかく値段も安いですしね・・・。なお、インストールには USB の外付け CD-ROM を使用するので、BIOS が USB ブートに対応している必要があります。

CD から Ubuntu Server を起動すると言語選択の画面になります。ここで「日本語」を選択すると、インストールメニューが日本語化されますので、「Ubuntu サーバのインストール」を選択します。その後、キーボードやホスト名、ネットワークの設定を進めていきます。トグルの設定については詳しく調べていないのですが、デフォルトのままで問題なさそうです。

パーティションの設定では、LVM(Logical Volume Manager)が推奨されているようですが、今回は手動でパーティションを設定します。8GB の USB メモリなので、7GB を / に、残り 1GB を swap にします。また、ノート PC の HDD を /home として別パーティションにします。

[インストール時のデバイス状態]
HDD(/dev/sda)
USB(/dev/sdb)

[パーティションの構成]
/dev/sda1  /home
/dev/sdb1  /
/dev/sdb2  swap

後は、各パーティションを初期化してセットアップを進めます。Ubuntu ではインストール時に、サーバの用途に合わせて各ソフトウェアを一緒にセットアップすることができます。詳細にインストールするソフトウェアを選択することもできますが、今回はあらかじめ用意された、「LAMP server」「OpenSSH server」をインストールします。

最後に GRUB をインストールしてセットアップが終了となります。これで、USB メモリから Ubuntu が起動すれば成功です。次回は、初期設定や他のソフトウェア、パーティション構成の仕組みなど、いろいろ見ていきたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報