MySQL4.0から5.0へ(Windows編)

MySQL4.0から5.0へ(Windows編)

MySQLMySQL4.0から5.0へ(Windows編)

今回は実際に Windows に入れてある MySQL4.0.27 を削除して、MySQL5.0.27 に入れ替えたいと思います。ちなみに、データベースやテーブルのデータは初期化したいので、データの移行は考えないものとします。

ちなみに、私の MySQL4.0.27 はノンインストーラーで入れています。zip ファイルを解凍して、Windows のサービスに登録するだけなので、何をやってるんだかわからないインストーラーに任せるより好きです。

では、まず、起動中の MySQL のサービスと止めます。 (コマンドプロンプトを使います)

$ net stop mysql
MySQL サービスを停止中です.
MySQL サービスは正常に停止されました。

これで、サービスが停止しました。 この後、アンインストールします。

$ mysqld-max-nt.exe --remove
Service successfully removed.

これでアンインストールもできました。

現在、MySQL4.0 は C ドライブ直下に mysql というフォルダ名で入れているので、フォルダ名を変更します。(mysql4.0.27としておきます)

次にノンインストーラー版の MySQL5.0.27 をダウンロードします。解凍後のフォルダ名は mysql-5.0.27-win32 になります。これを C ドライブにコピーして、フォルダ名を mysql にします。MySQL4.0.27 を使っていたときに、C:\mysql\bin にパスを通しているので、この名前で使った方が便利なのです。Linux とかだとシンボリックリンクで気軽にバージョン変更できるのですけどね・・・。(Windowsにもシンボリックリンクあるみたいですが)

さて、今度は MySQL5.0.27 をインストールします。

$ mysqld-max-nt.exe --install
Service successfully installed.

サービスを起動してみます。ちなみに、my.ini は C:\WINDOWS 直下に置いてあるものを使いまわすので無視します。my.ini の内容は、前に「EC-CUBEでMySQL5.0を使う(Windows編)」を書いたときに載せました。

$ net start mysql
MySQL サービスを開始します.
MySQL サービスは正常に開始されました。

サービスが起動しました。 早速、ログインしてみます。

$ mysql -uroot -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 1 to server version: 5.0.27-community-max-nt

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>

見事にバージョンも変わっています。

この後は、データベースやテーブル作ったり、ユーザーを作ればある程度の作業ができるようになります。root のパスワードも絶対に設定しておかないといけません。まあ、ローカル PC だからいいって意見もあるけど、サーバ上で作業する時を想定した意識の問題ですね。意識というか癖を付けておくって感じでしょうか。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報