ゼロデバイスでNULL埋めする

ゼロデバイスでNULL埋めする

Linux(FreeBSD)ゼロデバイスでNULL埋めする

fdisk で作成したパーティション情報を書き込もうと思ったら下記のエラーが。どうやら、再起動後に反映されるようなので再起動をして再度トライしてみます。

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table.
The new table will be used at the next reboot.
Syncing disks.

しかし、デバイスにメタデータを作成しようとすると相変わらずエラーが出てしまう。対象のディスクが Linux のソフトウェア RAID だったり ext4 などで中途半端にしようしていたので、何か変な情報をつかんだままなのかもしれません。

$ drbdadm create-md r0

Device size would be truncated, which
would corrupt data and result in
'access beyond end of device' errors.
You need to either
   * use external meta data (recommended)
   * shrink that filesystem first
   * zero out the device (destroy the filesystem)
Operation refused.

fdisk 後にファイルシステムを作成してしまうといけないので、再度 fdisk でパーティションを作成して反映。そしてメタデータを作成するが同じ結果に・・・。しぶしぶゼロデバイスで上書きしてしまうことにしました。これで問題なくいけました。

$ dd if=/dev/zero of=/dev/sda3 bs=1M count=1
$ drbdadm create-md r0

Writing meta data...
initialising activity log
NOT initialized bitmap
New drbd meta data block sucessfully created.

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報