tarコマンドでtar.gzの解凍と圧縮

tarコマンドでtar.gzの解凍と圧縮

Linux(FreeBSD)tarコマンドでtar.gzの解凍と圧縮

Linux 向けのちょっとしたツールを扱う時、tar でアーカイブして gzip で圧縮したファイル形式が多い。逆に複数のファイルやディレクトリをまとめて提供する場合も tar.gz の形式に圧縮して渡す場合が多い。

しかし、解凍や圧縮をする際に tar コマンドのオプションを忘れてしまうことが多く、自分のメモを見直す場面に度々遭遇する。いつも決まったオプションを使うのであれば、圧縮や解凍のシェルスクリプトを自作してしまうのも方法の一つですが、それほど tar を使う頻度も高くなくついついそのままになってしまっている。

tar アーカイブだけで考えると、解凍は xf、圧縮は cf って覚えておくとそれほど難しくもないのですけどね。

(解凍) hogehoge.tar.gzを解凍
$ tar zxvf hogehoge.tar.gz

(圧縮) hoge_[abc]をhogehoge.tar.gzにアーカイブ
$ tar zcvf hogehoge.tar.gz hoge_a hoge_b hoge_c

(オプション)
-z, --gzip     filter the archive through gzip
-x, --extract  extract files from an archive
-v, --verbose  verbosely list files processed
-f             use archive file or device ARCHIVE
-c, --create   create a new archive

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報