VMWareで64bitのOSが利用できるかのチェックプログラム

VMWareで64bitのOSが利用できるかのチェックプログラム

ツールVMWareで64bitのOSが利用できるかのチェックプログラム

VMWare で 64bit の OS を使う際に、BIOS の設定など確認したポイントが何点かあったのでまとめてみます。

まず、64bit の OS を VMWare にセットアップしようとすると、Intel-VT(Intel Virtualization Technology)に対応した CPU かどうかが問われます。これを確認するには実際に BIOS の画面を見てみるのが早いのですが、VMWare の 64bit 対応の確認プログラムを利用することもできます。確認プログラムは Intel-VT への対応以外の部分も調べてくれるのかな。

プロセッサの64ビット互換性チェック

このチェックプログラムは Windows 版の exe と Linux 版の exe の両方が用意されているので、Linux 版の VMWare を使っている人でも確認することができます。もちろん CUI 環境の人でもコマンドライン上で実行できるので問題ありません。

また、BIOS で Intel-VT の設定を有効にした場合、BIOS 設定を保存してそのまま OS を起動すると、VMWare が設定をうまく認識しない状況に陥りました。海外のフォーラムにも同じ症状の人がいましたが、BIOS 設定後に一度シャットダウンして再度電源を入れると見事認識しました。

後は 64bit の OS イメージ(isoなど)をダウンロードしてきて試すだけです。CentOS や RedHat の OS はすんなりと動きました。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報