Node.jsをすっかり勘違いしていた

Node.jsをすっかり勘違いしていた

記事一覧Node.jsをすっかり勘違いしていた

エンジニア生活から遠ざかって数年。といいつつも、今年はずっとソーシャル系(ゲームとかアプリなど)の開発をしているのですが、自分の中の気持ちではエンジニアは卒業しているつもり。どっぷり Web マーケってわけでもないですし、ちょっと宙ぶらりんな状態です。

さて、そんな状況の中、ここ最近のトレンドを知る上でちょうどピッタリなブログ記事を見付けました。言葉は聞いたことあるけど、何者か知らない技術があってちょっと新鮮と言うかカルチャーショック。

今時のWebエンジニアの入り口としてのGAE

せっかくなので、今の自分を見つめ直すためにも、これらの技術について調べてみました。一番の驚きだったのは Node.js。名前は何度か聞いたことがあったのですが、てっきり jQuery のような JavaScript ライブラリかと思っていたら、サーバーサイド JavaScript だったのですね。

Google App Engine(GAE)

Google App Engine(GAE)は、ちょうど 1 年前に仕事のお誘いを受けたのですが、「Java」「RDB の代わりに KVS(Bigtable)」「Apache Solr(ソーラー)による全文検索」というキーワードが思い浮かんで、自分のやりたいことに直結しないと思い、その時はお断りしてしまいました。技術的な部分での経験としては申し分ない仕事だったのでしょうが。

memcache

話は戻って、順番に技術をチェック。まずは memcache。ちょっと前に redis のインストールや簡単な使い方についてまとめましたが、セッションなどの一時的なデータを管理するのに便利ですね。定番どころでは、memcached ですが、redis もそれなりに流行っているのでしょうね。

どちらも、使う分にはそれほど苦労しませんが、memcache のサーバが落ちたり壊れたりすることを考慮すると、レプリケーションについて考えないといけないので、それなりに運用面では負担になります。メモリが主役なので、ディスク障害の確率は若干下がるのかもしれませんが。どうせなら、ディスクレスの memcache サーバとかにできればいいですけどね。

NoSQL

NoSQL はまさに先ほどの Bigtable と関連しますが、レプリケーションやバックアップが便利な反面、トランザクションが利用できなかったり、利用できたとしても複雑だったりと、RDB を意識したまま取り組むと大きなギャップを感じるでしょうね。

Redis で例えると、シンプルに KEY-VALUE(SET,GET)や KEY-LIST(RPUSH,LRANGE)のような関係を扱うのであれば苦労しませんが、実運用に取り入れるメリットやデメリットも考えた上で導入を検討したいですね。ただ、一度はドップリと使っておかないといけない技術なのでしょうが。

OAuth

OAuth は Evernote や Twitter の API を使う際に勉強しました。一昔前には OpenID というものがありましたが、今は OAuth が定番化していますね。アクセストークンやシークレットコードなど、認証のやり取りを覚えるのは、実際に HTTP のリクエストやレスポンスのヘッダの中身を見ながらやってみるのが近道でしょう。

この辺りまでは、それなりにイメージしやすい技術でしたが、続きはまた別の機会に。

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

標準出力と標準エラー出力をパイプに渡す

よく、標準出力先をファイルにリダイレクトすることはありますが、意外に標準エラー出力は使う機会がありません。しかし、やはりツールやパッケージ製品になると標準エラー出力も活用されているようです。でも、...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

主要無料ブログ5つに対する自動投稿PHPプログラム

アメブロへ楽天APIなどの情報を自動で投稿する の反響が良かったので、どうせならアメブロ以外の無料ブログの XML-RPC を使った自動投稿も紹介したいと思います。これには FC2BlogManager.php というライブ...

PHP

>>記事を確認する

snmpでデバイスの情報を取得

snmpでデバイスの情報を取得するコマンドです。これを元に、ディスクIOなどのMIB値を探します。 $ snmpwalk -v 2c -c {SNMPGROUPNAME} localhost 1.3.6.1.4.1.2021.13.15.1.1.2 (結果の一部) UCD-DIS...

Linux(FreeBSD)

>>記事を確認する

awkで指定したカラム以降をprint表示する

前回、awk で最後のカラム以外を表示してみましたが、今回は指定したカラム以降のカラムを全部表示したいと思います。 例えば、7 個の文字列がカンマで区切られているファイルがあるとしたら、3 番目のカラム...

awk / シェル

>>記事を確認する

CentOSでRedisサーバを使う

冗長化した Web サーバなどで、セッションの管理や、セッションや特定のユーザーに紐付く一時データを管理するのに memcache を使う場面は多いと思います。 その memcache の中でも主流なのが memcached です...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Redis

>>記事を確認する

ドメイン取るなら低価格で楽々管理

バリュードメインは、GMO デジロック社の低価格ドメイン総合サービスです。

このサイト含め、私もこれまでに 100 個以上のドメインを取得して管理してきましたが、WHOIS の代理公開も可能なので、無料 SSL 証明書の Let's Encrypt と組み合わせれば、かなりの低価格で SSL サイトも運営できます。

年単位で領収証発行もしてくれるので、たくさんサイトを抱えているアフィリエイターや個人事業主にもオススメです。

AWSの無料利用枠内で複数サイトをサクサクと運営する方法

MySQLでテーブル定義を取得

似たような構成のテーブルを作る時に、今までは mysqldump コマンドで -d オプションを付けて実行していました。 これでも十分に要件は満たせるのですが、MySQL のコンソールからサクっと出したい場合もある...

データベース / MySQL

>>記事を確認する

Poderosa5の登場と文字色と背景色

新しい PC を購入したので、久し振りに Poderosa のインストールをしたのですが、Poderosa-Terminal として最新バージョンの 5 が 2016 年に登場していました。 これ、職場でもインストールしてみたのですが...

Windows / ツール

>>記事を確認する

Laravel5.1からLaravel5.5へアップデートする

LTS だった Laravel5.1 のバグフィックスサポートが 2017 年の 6 月で終わり、セキュリティサポートも 2018 年の 6 月で終了となります。 このタイミングで、兼ねてから発表のあった、次期 LTS の Laravel5.5...

PHP / PHPフレームワーク / Laravel

>>記事を確認する

VagrantでCentOS6.9のイメージを使う

CentOS7 が既に 7.3 まで出ていますが、AmazonLinux がまだ 6 の構成と似ていることから、なかなか 7 系に移行できません。 そこで、Vagrant のイメージも 6 系の最新版を使うと思ったのですが、下記の BOX ...

Linux(FreeBSD) / CentOS / Vagrant

>>記事を確認する