AWSをPHPのSDKで操作する(ライブラリ導入編)

AWSをPHPのSDKで操作する(ライブラリ導入編)

AWSAWSをPHPのSDKで操作する(ライブラリ導入編)

Amazon S3 にファイルをアップロードする機会があったので、AWS で提供されている PHP の SDK を導入してみました。PHP の SDK はバージョン 1 と 2 が提供されていて、今後を考えるとバージョン 2 を使用した方が良さそうです。

といいつつも、利用する機能によってはバージョン 1 でお手軽に済ませてしまった方が楽な場合もあるので、まずはバージョン 1 を試してみます。SDK のダウンロードやインストールはいくつか方法がありますが、今回は git から取得したものをそのまま利用します。

$ cd /usr/local/src

$ git clone git://github.com/amazonwebservices/aws-sdk-for-php.git AWSSDKforPHP

AWSSDKforPHP の中の sdk.class.php を require したラッパークラスを作成して、ファイルのアップロードやダウンロード・リスト取得などのメソッドを作っておくと便利かもしれません。今回は導入メインなので、クラスの内容は割愛します。

次にバージョン 2 の導入。バージョン 2 の構成は大きく変わっていて、Guzzle や Symfony2 などいくつかのパッケージが別途必要になります。しかし、その辺は Composer を利用することで楽ができるようになっています。

$ cd /usr/local/src

$ git clone git://github.com/aws/aws-sdk-php.git AWSSDKforPHP2

$ cd AWSSDKforPHP2
 
$ curl -s "http://getcomposer.org/installer" | php
 
$ php composer.phar install

AWSSDKforPHP2 の中の vendor/autoload.php を require したラッパークラスを作成して、バージョン 1 の時と同じように必要なメソッドを用意しておくと良さそうです。

今回は導入の部分だけに限定しましたが、次回は実際に PHP2 の SDK を使用した S3 へのアップロードなどを試してみたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報