Trac0.9.6から0.10.3へのバージョンアップ(FreeBSD5.4編)

Trac0.9.6から0.10.3へのバージョンアップ(FreeBSD5.4編)

記事一覧Trac0.9.6から0.10.3へのバージョンアップ(FreeBSD5.4編)

今回は Trac のお話です。今まで、Pukiwiki や CVS などを使ってプロジェクト管理をしてきましたが、ここ数年、ソース管理は Subversion が流行っているのと、Wiki と BTS が統合した Trac が注目を浴びているので、すっかり流されちゃってます(笑)

昨年、知り合いが Trac の記事を書いたのも流された原因かもしれません。
使ってる? Issue Tracking - trac 楽々ことはじめ

さて、今回は FreeBSD5.4 のサーバで使ってる trac0.9.6 を trac0.10.3 にバージョンアップします。なぜ、バージョンアップに踏み切ったのかというと、mod_python を最新にしたら、Trac が、「○○の関数が見つからない」とエラーを吐くからです。apache のエラーダンプファイル(mod_dumpioの機能?)を見ると、mod_python の辺でメモリエラーになってる臭いのです。

現在、Trac(ja-trac-0.9.6_3) は Ports でインストールされているので、まずはパッケージを削除します。

% pkg_delete -v ja-trac-0.9.6_3

Ports の trac-0.10.3 をインストールすると日本語化されないので、trac は日本語パッケージを インタアクト株式会社 からダウンロードして使います。

# ソース置き場に移動してダウンロードと解凍をする
% cd /usr/local/src
% fetch http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/trac-0.10.3-ja-1.zip
% unzip trac-0.10.3-ja-1.zip
# セットアップ
% cd trac-0.10.3-ja-1
% ./setup.py install

今回は既に Trac プロジェクトがあるので、アップグレードで対応してみます。実は Subversion と同じ階層に trac のディレクトリがあるので、念の為、Subversion をダンプしておくと安心できそうです。なので、まずは Subversion のバックアップをします。

# Subversionの場所
/home/svn/saratoga

# Tracプロジェクトの場所
/home/svn/saratoga/trac

# ディスク容量確認
% df

# ダンプ
% svnadmin dump /home/svn/saratoga > /home/saratoga/saratoga_dump_file

さらに、trac プロジェクトのディレクトリもバックアップしておくと保険になります。今回は直接 trac プロジェクトのディレクトリをコピーしましたが、実はバックアップ用のコマンドが用意されているみたいです。

# 直接コピー
% mkdir -p /root/LOCAL/backupdir
% cp -rp /home/svn/saratoga/trac /root/LOCAL/backupdir
% mv /root/LOCAL/backupdir/trac /root/LOCAL/backupdir/saratoga_trac
# trac-adminコマンド
% trac-admin /home/svn/saratoga/trac hotcopy /root/LOCAL/backupdir

いよいよ、アップグレード作業に入ります。上記でバックアップしてるので、今回は --no-backup オプション付けました。

% trac-admin /home/svn/saratoga/trac upgrade --no-backup
% trac-admin /home/svn/saratoga/trac wiki upgrade

これのついでに mod_python もバージョンアップします。

mod_python3.2.10.so から mod_python3.3.1.so に置き換えます。念の為、いつでも古いバージョンに戻せるように、シンボリックリンクで管理します。現在、apache のモジュール用のディレクトリに、バージョン 3.2.10 の mod_python.so と、バージョン 3.3.1 の mod_python3.3.1.so があると仮定します。

% mv mod_python.so mod_python3.2.10.so
% ln -sf mod_python3.3.1.so mod_python.so

apache を再起動して Trac にアクセスしてみます。問題がなければ OK です。

■番外編(TIPSやハマったこと)

・upgradeコマンドがあるのを知らなくて、新規でtracプロジェクトを作成した
・新規でプロジェクトを作成しても問題ないが、trac.db(SQLite)がコピーでは移行できなかった
・新規でプロジェクトを作成すると、trac.iniファイルへの書き込み権限がない(作成したユーザーが悪かったと思う)
Tracの管理者モードを使うための事前設定
(今回はプラグインに変更はなさそうなので不要っぽい)

[参考]
http://trac.edgewall.org/wiki/WebAdmin

% cd /usr/local/src
% mkdir trac_plugin_0.10.3

% cd trac_plugin_0.10.3
% svn export http://svn.edgewall.com/repos/trac/sandbox/webadmin/

% ll
total 2
drwxr-xr-x    3 root     wheel         512 Mar  6 11:00 webadmin

% cd webadmin
% python setup.py bdist_egg
% cp dist/TracWebAdmin-0.1.2dev-py2.4.egg /home/svn/saratoga/trac/plugins/

管理者権限をユーザーに追加
% trac-admin /home/svn/saratoga/trac permission add saratoga TRAC_ADMIN

環境に合わせて、trac.ini の設定を少し変更します。

# 文字コード
default_charset = euc_jp

# 管理者モード
[components]
webadmin.* = enabled

参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する