目次

パイプで繋いで一気に削除もできます

これで、削除用のコマンドが生成できるので、これを画面上の標準出力からコピーするなり、ファイルに標準出力するなりして利用できます。

ファイルに出力した方が件数や中身も一度確認できるので安心です。

$ ./saratoga.sh hogehoge:* > /tmp/hoge.txt

$ cat /tmp/hoge.txt | wc -l

$ less /tmp/hoge.txt

ファイル出力したコマンドも以下でサクっと実行ができます。

$ sh /tmp/hoge.txt

どうしてもすぐに実行しちゃいたい場合は、思い切って以下のコマンドを実行しちゃいましょう。ホスト名やポート番号は置き換えて下さい。

$ redis-cli -h localhost -p 11211 keys "hogehoge:*" | xargs redis-cli -h localhost -p 11211 del

Tips記事一覧

新着記事一覧です。

関連記事一覧

「Redisでキーをワイルドカード検索して一括削除したい」に関連した記事一覧です。