Backbone.jsを使ってみる(入門編)

Backbone.jsを使ってみる(入門編)

JavaScriptBackbone.jsを使ってみる(入門編)

サーバサイドのプログラムやサーバインフラをメインに担当していた私としては、JavaScript はちょっとしたエレメントの操作や、Ajax を使った非同期プログラムでしか活用する場はありませんでした。Backbone.js や AngularJS、Knockout.js などの、JS フレームワークがあるよと数年前に聞かされていましたが、フロントエンドでそこまでするの?っと興味はありませんでした。

そんな中、手伝っていたプロジェクトで、Backbone.js のような JS のオリジナルフレームワークを使っていて、しかもそのフレームワークを作った人が既に退職してしまっているとのこと。ソースを見ていても特殊だし、html のタグの id 属性などが JS の発火条件になっているなど、すごくカルチャーショックを受けたのを覚えています。

JSフレームワークとの再会

そして 1 年振りに、また JS フレームワークを触る機会が出てきたので、少しくらいは JS に興味を持って Backbone.js や Marionette.js、Underscore.js などの基本構成や TIPS などをまとめていきたいと思います。

Backbone.js
Marionette.js
Underscore.js

Backbone.jsの基本概念

Backbone.js の基本概念として覚えておきたいのは、Backbone.Model、Backbone.View、Backbone.Router、Backbone.Collection の 4 つ。Model(モデル)と Collection(コレクション)は密接な関係にあり、Collection は Model のグループで、Model は 1 つのオブジェクトに該当する。

View(ビュー)はその名の通りといきたいところですが、実際のレンダリングは html で処理されるので、ここで言う View は Model の情報を html として伝える部分の担当となる。Router(ルーター)は、URL を機能にマッピングするだけになるが、若干、コントローラ的な役割に近い。しかし、実際には View もコントローラ的な役割を担う部分もあるので、明確にコントローラがどこに該当するかは曖昧。

実際にブラウザの画面を見たり操作したりするユーザーにとっては、相手が html になり、その html の中のイベントが呼び出されると、Backbone.View に処理が移譲され、View が Backbone.Model とデータのやりとりをして、最後にユーザーのブラウザ画面を書き換える。この辺は、実際にプログラムを書いて動作させた方がわかりやすいですが、ざっくりとしたイメージはこんな感じ。

ユーザー ⇒ html(イベント発生) ⇒ Backbone.View(更新) ⇒ Backbone.Model(処理)
Backbone.Model(通知) ⇒ Backbone.View(更新) ⇒ html

と言うことで、次回は実際に Backbone.js を使える環境を整えてみたいと思います。

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報