Backbone.jsの動作環境をセットアップする

Backbone.jsの動作環境をセットアップする

JavaScriptBackbone.jsの動作環境をセットアップする

Backbone.js の構成を見ているよりも、実際にローカル環境で動かしてみた方が早いので、まずは index.html を作って JS を読み込ませてしまいましょう。最近は、CDN 環境(AmazonS3やCloudFlareなど)や公式プロジェクトの開発 Web サイト上の JS を参照することも多いので、両方のパターンを書き残しておきたいと思います。

まず、Backbone.js は Underscore.js に依存するので両方が必要です。また、Backbone.View を利用するには DOM 操作ライブラリ(jQueryやZeptoなど)が別途必要になるので、私は慣れている jQuery を採用します。

公式サイトからダウンロード

では、まず各 JS ライブラリのダウンロードからです。Backbone.js の 2015 年 2 月 8 日現在の最新バージョンは 1.1.2、Underscore.js は 1.7.0 です。ローカル環境ですし、どちらも Development バージョンを使いたいと思います。なお、今回の Backbone.js の最新版を利用する場合は Underscore.js の 1.5.0 以上が必要と公式サイトに書かれていますが、今回は要件を満たしているので大丈夫そう。

jQuery は IE8 までのサポートをどうするかで 1 系か 2 系か迷うところですが、PC 向けのサイトを開発する場合は 1 系がいいでしょうね。早く IE8 以下を切り捨てたいですが、一般ユーザー向けのサイトを構築している場合はなかなか簡単にはできないですよね。まだまだ IE8 以下のシェアは少なからずありますし。なので、ここでは jQuery の 1 系の最新版である 1.11.2 を使います。

Backbone.js
Underscore.js
jQuery

サンプルプログラム作成

実際に index.html を作ってみます。ちなみに、これらのライブラリは head タグ内で読み込むものだと思っていたのですが、入門書籍を読んだ時に、ページのレンダリングがスクリプトにブロックされる前に実行されるように一般的に使われている手法のようです。

また、各 JS ライブラリの読み込み順にも気を付ける必要があり、Backbone.js が依存する jQuery と Underscore.js は先に読み込ませておく必要があります。では、index.html を作ったらブラウザで表示させてみます。結果は html の内容通り、「test!!」とダイアログに表示されます。まあ、このサンプルは Backbone などの機能は使っていませんが、モジュールの読み込み確認程度に。

<script src="js/jquery-1.11.2.min.js"></script>
<script src="js/underscore.js"></script>
<script src="js/backbone.js"></script>

<script>
    alert("test!!");
</script>

各 JS ライブラリの CDN は以下になるようです。jQuery は ajax.googleapis.com などでも提供されていますが、どこがベストなのかは分かりませんが公式サイトの方がいいでしょうね。ちなみに、CDN 上のファイル取得ができなかった場合に、自分のサーバ上の JS で補うようにしておくと安心ですね。以下では jQuery だけその対策を入れてみました。

<script src="https://code.jquery.com/jquery-1.11.2.min.js"></script>
<script>
window.jQuery || document.write('<script type="text/javascript" src="js/jquery-1.11.2.min.js"><\/script>');
</script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/underscore.js/1.7.0/underscore-min.js"></script>
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/backbone.js/1.1.2/backbone-min.js"></script>

最終更新日:

関連記事

人気記事

新着情報