ImageMagickで画像加工の基本を試す

ImageMagickで画像加工の基本を試す

記事一覧ImageMagickで画像加工の基本を試す

これまで、リサイズやトリミングなど、PHP から GD や ImageMagick を使って画像加工をしてきましたが、ImageMagick ではもっと幅広い加工ができるということで他のパターンを試してみました。

リファレンス見ながら、やみくもに試すっていうのもどうかと思ったので、基本的な操作と、画像の重ね合わせで、どんなバリエーションがあるのか見てみます。環境は手元の vagrant で使っている CentOS6 のイメージです。

また、ImageMagick 単体で動きを見てから、PHP の拡張モジュール(Imagick)を使った方がイメージしやすいので、今回はコマンドラインで実行してみます。

基本的な使い方

以下の 2 つのサイトを参考にしました。

ImageMagickの基本的な使い方
2枚の画像を合成する

まずは ImageMagick をインストールしているかどうか確認します。まあ、convert コマンドが使えたら問題ないので確認です。

$ which convert

/usr/bin/convert

加工の基本

手元の画像(いつもダミー画像はペイントで作るという初心者)でも良かったのですが、1 つ目で参考にしたサイトではサンプル画像も提供してくれていたので、それを使わせてもらうことにしました。

1 枚ずつダウンロードするのも面倒だったので、ここはサクっとワンライナーで wget しちゃいます。

$ for i in `seq 1 7`; do wget http://www.envinfo.uee.kyoto-u.ac.jp/user/susaki/image/tm931028b${i}.jpg; done

フォーマット変更

画像を用意してみたら 1 枚だけ違う画像形式だったということはよくあります。Windows では拡張子だけ変更すると勝手に OS が画像形式も変換してくれるって思っていたのですが、それは大きな勘違いだったという苦い思い出があります。

ImageMagick ではいくつかのフォーマットの拡張子を自動で解釈してくれるので、入力元と出力先のファイル名をしてするだけで変換してくれます。フォーマット変換は convert コマンドを使います。

$ convert tm931028b1.jpg tm931028b1.png

tm931028b1.jpg
tm931028b1.png

ImageMagick で扱えるフォーマットや convert で使える機能については、man ImageMagick や man convert で確認してください。ここでは ImageMagick から一部引用します。

convert and write images in a variety of formats (about 100) including GIF, JPEG, JPEG-2000,  PNG,  PDF,  PhotoCD, TIFF,  and DPX.

サイズ変更

サイズ変更は縦横の画像サイズを指定するか、縦横の比率を指定することで実現可能です。

# サイズ指定
$ convert -geometry 100x75 tm931028b1.jpg tm931028b1_after_1.jpg

tm931028b1.jpg
tm931028b1_after_1.jpg


# 比率指定
$ convert -geometry 20% tm931028b1.jpg tm931028b1_after_2.jpg

tm931028b1.jpg
tm931028b1_after_2.jpg

回転

画像を回転するシチュエーションはなかなかないかもしれませんが、スマホからアップロードされた画像が横向きに回転してしまっていた時など、これでシレっと直せます。

# 時計回りに90度回転
$ convert -rotate 90 tm931028b1.jpg tm931028b1_rotate.jpg

画像の合成

1 枚目の画像を 2 枚目に重ねます。

$ convert tm931028b1.jpg tm931028b2.jpg -composite mix_1.jpg

通常は同じサイズの画像をベタ(左上合わせ)で重ね合わせる需要も少ないと思いますので -gravity オプションで配置場所を変更します。下記の例は真ん中に合わせて重ね合わせています。

$ convert tm931028b1.jpg tm931028b2.jpg -gravity center -composite mix_2.png

gravity のオプションについては公式のリファレンスで確認してください。

convert -gravity type

Choices include: NorthWest, North, NorthEast, West, Center, East, SouthWest, South, SouthEast. Use -list gravity to get a complete list of -gravity settings available in your ImageMagick installation.

重ね合わせの基点の位置は、種類が多いので、シェルなどで全パターンの重ね合わせを作ってみて、それを表示して見比べてみるとかすると楽そうです。

ベース画像に文字画像を載せたり、ogp の画像を作成したりと何かと便利ですね。試しに icon.jpg という小さなサイコロ画像を用意して、tm931028b1.jpg の色々な位置に重ね合わせてみます。

$ for g in NorthWest North NorthEast West Center East SouthWest South SouthEast; do convert tm931028b1.jpg icon.jpg -gravity ${g} -composite mix_`echo ${g} | tr '[A-Z]' '[a-z]'`.jpg; done

mix_center.jpg
mix_east.jpg
mix_north.jpg
mix_northeast.jpg
mix_northwest.jpg
mix_south.jpg
mix_southeast.jpg
mix_southwest.jpg
mix_west.jpg

参考

ImageMagick


参考カテゴリ

オススメ記事

最新の投稿やよく見られているのオススメ記事一覧です。

AmazonLinuxでEC2起動時にスワップ領域の割り当てに失敗

EC2 起動時のスワップ領域割り当てですが、これまでは以下の記事を参考に、/etc/rc.local を使って行っていました。 ・ Amazon EC2(Linux)のswap領域ベストプラクティス しかし、最近になって、EC2 イン...

>>記事を確認する

【5分でできる】Laravel5.4から5.5へバージョンアップ

Laravel5.5 がついにリリースされたので、5.4 ベースで作っていたものをバージョンアップしてみました。 composer.json の以下の部分を 5.5.* に変更するだけですが、依存関係のパッケージも問題なくアップデ...

>>記事を確認する

【30分でできる】AWSのEC2にgoofysを入れてS3をマウント

過去に携わったプロジェクトで、S3FS の通信状態が悪い時があるので、アプリ側のプログラムを AWS SDK を使ったものに置き換えていこうという施策がありました。 S3FS の導入には関わっていなかったので、導...

>>記事を確認する

【30分でできる】ぐるなびAPIで飲食店の店舗情報取得

過去に作成した「ぐるなびAPI」のプログラムや、ぐるなびの Web Service が新しくなったこともあり、API からの情報取得プログラムを書き換えてみました。 以前の記事は下記になります。 ・ ぐるなびAPIで...

>>記事を確認する

NginxのFastCGIキャッシュで白い画面がキャッシュされる

以前から、トップページにアクセスすると、レスポンスステータスは 200 で返ってくるのに、画面に何も表示されない現象が稀に見受けられたので調査してみました。 さすがに機会損失にも繋がるということで、...

>>記事を確認する

Laravel5.4の認証ユーザーのパスワードハッシュについて

Laravel で用意されている認証モジュールを利用する際、ユーザーモデル(User.php)経由で登録されるパスワードのハッシュ方法について調べてみました。 Laravel 上ではパスワード文字列を bcrypt() のヘルパー...

>>記事を確認する

Laravel5.4のコントローラコンストラクタでAuth::user()が取得できない

Laravel5.4 で認証を通したアクセスに対して、コントローラのコンストラクタでユーザモデルの値を取得しようと思ったら、なぜか Auth::user() の値が取得できなくて悩みました。 public function __construc...

>>記事を確認する

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let's Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。 この場合、Googlebot に http のアク...

>>記事を確認する

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。 新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが...

>>記事を確認する

【30分でできる】AmazonLinuxでApache2.4+php7.1+Laravel5.5

先日、「 VagrantでCentOS6.9のイメージを使う 」の通り、CentOS6.9 には Apache2.4 と PHP7.1 で Laravel のフレームワークが使える環境を構築しました。 ただ、将来的には AWS かつ Amazon Linux 上で動か...

>>記事を確認する